あらためて学ぶ、「停電」の時にすべきこと・すべきでないこと

イメージ画像

台風や水害、地震などの自然災害によって、電力インフラが被災し、停電が起こるケースがあります。2018年9月の北海道胆振東部地震の影響で起こった北海道全域の停電(ブラックアウト)や、2019年9月に上陸した台風15号によって起こった関東エリアの停電は、みなさんの記憶にもあたらしいところでしょう。最近でも、2021年2月13日、福島県沖を震源とする地震の影響を受けて、東北エリアだけでなく、東京エリアでも停電が発生しました。今回は、自然災害の影響で停電が起こった時に、あらためて注意すべきポイントをご紹介しましょう。

停電が起こったらどうする?

停電が起こった時におこなうべきことを、あらためておさらいしましょう。

① 電気の復旧手順は?

停電が起きて電気が使えなくなった場合には、まず家の中の電気が全て消えているのか、もしくは一部が消えているのかを確認しましょう。

もし、家の中の電気が全て消えていて、近所も同じように消えている場合には、住んでいる地域の電力会社(一般送配電事業者)の情報を確認の上、連絡しましょう。

詳しく知りたい
連絡先・連絡方法一覧

もし、近所は電気がついていたり、自宅の一部だけが停電していたりする場合には、ブレーカーの状況を確認しましょう。また、場合によっては、「低圧線」や「引込線」という送電網から家に電気を引き込む線が切れていたり、建物内の設備に不具合が発生したりしている可能性があります。住んでいる地域の電力会社(一般送配電事業者)の情報を確認の上、電力会社(一般送配電事業者)や電気工事店へ連絡しましょう。

<ブレーカーが切れている場合の確認手順>
・電化製品、電熱器具などの上に燃えやすいものがかぶさっていないか、コードなどが損傷していないかを十分に確認する
・ブレーカーをすべて「切」にし、「アンペアブレーカー」(設置されていない場合もあり)、「漏電遮断器」の順でスイッチを入れる
・次に、「安全ブレーカー」を1つずつ入れる(「安全ブレーカー」をONにしても、漏電遮断器がふたたび自動的に「切」になってしまう場合は、漏電の恐れがあるため、・ブレーカーを切り、電気工事店などに連絡する)

ブレーカーが切れている場合の確認手順(例)
ブレーカーが切れている場合の確認手順をイラストで示しています。

(出典)東京電力HDウェブページ

大きい画像で見る

② 停電情報を確認する

停電が発生した場合、住んでいる地域の電力会社(一般送配電事業者)のホームページで、停電地域、発生日時、復旧状況などの情報が公開されます。日頃から、自分の住んでいる地域の一般送配電事業者とホームページを調べておきましょう。

詳しく知りたい
停電情報一覧

停電による二次災害を防止するために

地震などの影響によって停電が発生した場合、まず大事なことは、余震の影響などをふまえた上で行動することです。また、電力が復旧した後を見すえて、注意しておくべきポイントもあります。停電の時に「すべきこと」「すべきでないこと」を見ていきましょう。

通電火災をふせぐ

停電する寸前まで使っていた電化製品は、電気が復旧すると急に通電することになります。その際に、漏電したり、燃えやすいものに接触した状態で発熱し出火したりすることで起こるのが「通電火災」です。

特に、地震などで電化製品がたおれたり損傷したりしてしまうと、通電火災が起こる危険性があります。災害後、避難のため家をはなれる時は、必ずブレーカーを切っておきましょう。

発電機の屋内使用はぜったいにダメ!

停電した時に発電機を使用する場合、屋内ではぜったいに使わないでください。運転中の発電機の排気には一酸化炭素が多く含まれており、一酸化炭素中毒になる危険があります。

また、屋外で使用する場合でも、排気ガスが屋内に入るような設置はしないようにしましょう。

感電のリスクに注意

被災して切れた電線や、たおれた電柱などは、感電のおそれがあり危険です。もし見かけた場合は、近づいたり触れたりせずに、電力会社(電力の送配電をおこなっている「一般送配電事業者」)に連絡しましょう。

また、ここ10年ほどで身近な場所にも増えてきた太陽光発電設備(太陽光パネルなど)についても、注意が必要です。太陽光発電設備は、破損したり水に浸かっている場合でも、太陽光があたり続けている間は発電を続けています。感電を防止するためにも、むやみに近づかないようにしましょう。

なお、自宅の屋根などに設置されている太陽光発電設備に「自立運転機能」がついている場合には、停電時にも電気を使うことができますが、感電の危険がないか、じゅうぶん確認してから使用してください。

日本は停電がきわめて少ない国

最後に、日本における近年の停電の状況を見てみましょう。

そもそも、欧米諸国にくらべると、大規模な自然災害などによる一時的な数値の上昇はあるものの、日本の停電時間、停電回数の実績はきわめて低い水準にあります。

欧米諸国と日本の、それぞれの停電回数を折れ線グラフであらわしています。

(出典)「電気の質に関する報告書」(2020年12月_電力広域的運営推進機関)

大きい画像で見る

今後も、電力関連事業者との連携をおこないながら、みなさんに確実に電気を届けるための取り組みを進めていきます。

お問い合わせ先

記事内容について

電力・ガス事業部 電力基盤整備課
経済産業省 商務情報政策局 産業保安グループ 電力安全課

スペシャルコンテンツについて

長官官房 総務課 調査広報室

連絡先・連絡方法一覧(2021年8月20日更新)
北海道エリアお問合せ先①チャットでの問い合わせ
(土日祝、12月29日~1月3日、5月1日を除く9:00-17:00)

お問合せ先②電話
(管轄事業所ごとに事業所の番号が異なります)
東北エリアお問合せ先①チャットでの問い合わせ

お問合せ先②電話 0120-175-366
東京エリアお問合せ先①チャットでの問い合わせ

お問合せ先②電話
0120-995-007 または 03-6375-9803(有料)
中部エリアお問合せ先①チャットでの問い合わせ

お問合せ先②電話 0120-985-232
北陸エリアお問合せ先①ご家庭の電気の復旧方法(動画あり)

お問合せ先②チャットまたは電話での問い合わせ
関西エリアお問合せ先①チャットでの問い合わせ

お問合せ先②電話 0800-777-3081
中国エリアお問合せ先①チャットでの問い合わせ

お問合せ先②電話
(管轄事業所ごとに事業所の番号が異なります。)
四国エリアお問合せ先①チャットでの問い合わせ

お問合せ先②メールフォームでの問い合わせ

お問合せ先③電話
(管轄事業所ごとに事業所の番号が異なります。)
九州エリアお問合せ先①チャットでの問い合わせ

お問合せ先②電話
(管轄事業所ごとに事業所の番号が異なります。)
沖縄エリアお問合せ先①チャットでの問い合わせ

お問合せ先②電話
(管轄事業所ごとに事業所の番号が異なります。)

停電情報一覧
北海道エリアHP(ほくでんネットワーク)
Twitter(北海道電力ネットワーク株式会社)
東北エリアHP(東北電力ネットワーク)
Twitter(東北電力ネットワーク株式会社)
アプリ(東北電⼒ネットワーク停電情報通知アプリ)
東京エリアHP(東京電力パワーグリッド)
Twitter(東京電力パワーグリッド株式会社)
アプリ(TEPCO速報)
中部エリアHP(中部電力パワーグリッド)
Twitter(中部電力パワーグリッド)
アプリ(停電情報お知らせサービス)
北陸エリアHP(北陸電力送配電)
Twitter(北陸電力送配電株式会社)
アプリ(停電情報お知らせサービス)
関西エリアHP(関西電力送配電)
Twitter(関西電力送配電株式会社【公式】)
アプリ(関西停電情報アプリ)
中国エリアHP(中国電力ネットワーク株式会社)
Twitter(中国電力ネットワーク株式会社)
アプリ(中国電力ネットワーク停電情報)
四国エリアHP(四国電力送配電)
Twitter(四国電力グループ 緊急情報)
九州エリアHP(九州電力送配電)
Twitter(九電グループ)
沖縄エリアHP(沖縄電力)
Twitter(沖縄電力株式会社)