事業者向け省エネ関連情報

各種支援制度

タイトル画像

様々な支援制度をご紹介します。

省エネ再エネ高度化投資促進税制

省エネ再エネ高度化投資促進税制のうち、省エネ投資に関する税制措置について

省エネ促進税制

本税制は令和3年3月31日をもって廃止されました。

詳細はこちらをご参照ください。

省エネ促進税制は、エネルギーの使用の合理化等に関する法律(以下「省エネ法」という。)上の中長期的な計画に記載した省エネ設備等の投資について、青色申告書を提出する個人・法人であって、直近2年度で連続してSクラス評価であった特定事業者又は特定連鎖化事業者等が、対象期間内に対象設備等を新たに取得等して事業の用に供した場合に、特別償却等の税制優遇を受けられるものです。

税制の活用にあたっては、「確認申請書」を作成して、主たる事業所の所在地を所管する経済産業局又は沖縄総合事務局(以下「経済産業局等」という。)に提出し、経済産業局等より「確認書」の交付を受ける必要があります。

省エネ促進税制を表すイメージ図。本税制は事業者単体による中長期的な計画に基く省エネ投資を対象に特別償却等を講じるもので、対象設備(例)としては、産業用ヒートポンプ、高効率工業炉、コジェネ、高性能ボイラーがあります。事業者クラス分け評価制度で2年連続Sクラスとなった事業者が行う、努力義務(原単位改善1%/年)達成に資する省エネ投資を後押しするものです。 省エネ促進税制を表すイメージ図。本税制は事業者単体による中長期的な計画に基く省エネ投資を対象に特別償却等を講じるもので、対象設備(例)としては、産業用ヒートポンプ、高効率工業炉、コジェネ、高性能ボイラーがあります。事業者クラス分け評価制度で2年連続Sクラスとなった事業者が行う、努力義務(原単位改善1%/年)達成に資する省エネ投資を後押しするものです。

連携省エネ税制

本税制は令和3年3月31日をもって廃止されました。

詳細はこちらをご参照ください。

連携省エネ税制は、認定を受けた連携省エネルギー計画に記載された設備等の投資のうち、一定の要件を満たすものについて、特別償却等の税制優遇を受けられるものです。