家庭向け省エネ関連情報

省エネって何?

タイトル画像

そもそも省エネって何だろう?国の政策も含めて分かりやすく解説します。

省エネって何?

省エネとは、「省エネルギー」の略です。石油や石炭、天然ガスなど、限りあるエネルギー資源がなくなってしまうことを防ぐため、エネルギーを効率よく使うことをいいます。

私たちの暮らしとエネルギー

現在の私たちの暮らしや社会は、エネルギーの消費によって成り立っています。日常生活に欠かすことのできない電気、ガス、水道はもちろん、現代社会の基礎になっている運輸、通信などもすべてエネルギーを利用しています。
さらに、食料品、衣料品など、あらゆる製品はその生産や流通の過程においてエネルギーを利用しています。
こうしてみると私たちの豊かな生活は、直接エネルギー(電気・ガス・ガソリンなど)を使用する場面だけではなく、様々な形でエネルギーを消費することによって支えられているのです。

なぜ省エネが必要なの?

省エネルギーは、エネルギーの安定供給確保と地球温暖化防止の両面の意義をもっています。
エネルギーの安定供給確保は、エネルギー資源のほとんどを輸入に頼っている日本にとって最重要課題のひとつです。

地球温暖化防止については、温室効果ガスの大部分を占めるエネルギー起源の二酸化炭素排出削減へ向けて、省エネルギーへの必要性が一層高まっています。

これらを十分考慮した上での市場機能を活用した経済効率性を目指すとされています。
相互に絡み合うこれら3つの課題を、「地球環境保全(Environmental Protection)」「エネルギー安定供給(Energy Security)」「経済効率性(Economic Efficiency)」のそれぞれの頭文字のEをとって、3Eといいます。

日本のエネルギー政策の“3E” 日本のエネルギー政策の“3E”

エネルギー安定供給確保

世界規模でのエネルギー需要が急増しています。これは、アジアを中心とした世界経済の発展が要因とされ、国際エネルギー機関(IEA)では、2040年の世界のエネルギー需要は2014年と比べて約1.3倍に増加すると予測されています。

一方、供給面については、世界のエネルギー資源の可採年数は現在の生産量を前提とすると石油は約50年、天然ガスは約51年とされています。新たな油田や鉱山の発見により可採年数が延びる可能性もありますが、いずれにしても限りがあることには変わりありません。

世界の地域別エネルギー需要見通し 世界の地域別エネルギー需要見通し
世界のエネルギー資源可採年数 世界のエネルギー資源可採年数

地球温暖化をすすめているのは主にCO2

エネルギーの大半は、石油や石炭などの化石燃料を燃焼することによって得られていますが、これに伴って、大気中にCO(二酸化炭素)が排出されます。エネルギーの大量消費によりこのCO濃度が上昇し、宇宙に放出されるはずの熱が大気中に封じ込められる温室効果が進み、地球が温暖化しています。
地球温暖化が進むと、地球規模での気温上昇や海面上昇などにより、食料供給や居住環境などに重大な影響を及ぼす恐れがあると予測されています。

温室効果ガス量図解 温室効果ガス量図解

一人ひとりの省エネが支える、大きな効果

地球温暖化にストップをかけるためには、一人ひとりが問題意識を持ち、省エネを実行することが大切です。一人では効果が少ないように思えますが、全世帯で省エネすれば、大きな成果が得られます。

家庭エネルギー消費の実態

家庭の省エネを進めるためには、まず、家庭のエネルギー使用の実態を知ることが大切です。

増加する家庭のエネルギー消費

我が国のエネルギー消費は、工場などの産業部門は減少しているものの、事務所・商店や家庭などの民生部門と、自動車などの運輸部門での増加が大きいため、全体として増加しています。家庭部門は、第一次石油ショックがあった1973年度から、2017年度までの間に、約2倍に増加しています。

最終エネルギー消費の部門別伸び率 最終エネルギー消費の部門別伸び率

家庭のエネルギー消費増加の要因

家庭部門のエネルギー消費量は、1973年度を100とすると、2017年度は201.5と約2倍に増加しています。生活の利便性・快適性を追求するライフスタイルの変化や、世帯数の増加など社会構造変化の影響が背景にあります。東日本大震災以降は節電などの省エネ意識の高まりにより低下傾向にありますが、一層の省エネを進めることが必要です。

家庭部門におけるエネルギー消費の推移 家庭部門におけるエネルギー消費の推移

家庭の用途別エネルギー消費

家庭のエネルギー消費を用途別に見てみます。2017年度におけるシェアは、動力・照明他が最も大きく、給湯、暖房、厨房、冷房と続きます。1965年度と比較すると、動力・照明用のシェアが増加しました。これは、家電機器の普及や大型化、多様化によるものと見られています。また、エアコンの普及により、冷房のシェアも増加しています。

家庭の用途別エネルギー消費の推移 家庭の用途別エネルギー消費の推移

家庭のエネルギー源別消費

家庭のエネルギー消費をエネルギー源別に見てみます。シェアの大きいのは電気で約半分を占めています。それに都市ガス、灯油、LPガスと続いています。1965年度と比較して、電気のシェアが大幅に増加していますが、これは、家電機器の普及や大型化、多様化によるものに加え、近年のオール電化住宅の普及も要因のひとつとして考えられています。一方、1965年度に1/3以上を占めていた石炭は、灯油やガスで代替され、現在のシェアはほぼ0%となっています。

家庭のエネルギー源別消費の推移 家庭のエネルギー源別消費の推移

家庭でエネルギーを多く使う機器

家庭でエネルギーを多く使う機器は、電気、ガス、石油等の全エネルギー消費量で見ると、給湯器や暖房機が上位を占めます。
電気の消費量だけで見ると、冷蔵庫、照明、テレビ、エアコンの消費量が多く、これらの合計で約4割を占めます。
これらのエネルギー消費量の多い機器の対策を適切に行うことが、省エネルギー効果を高めるポイントです。

家庭部門機器別エネルギー消費量の内訳 家庭部門機器別エネルギー消費量の内訳
家庭部門機器別電気使用量の内訳 家庭部門機器別電気使用量の内訳

待機時消費電力

待機時消費電力

消費電力量の大きい機器の対策と並んで重要なのが、機器を使用していないのに消費される待機時消費電力の対策です。

主な待機時消費電力 主な待機時消費電力

待機時消費電力の実態

家庭で1年間に消費する電力量のうち、約5.1%が待機時消費電力で、電気代約6,160円に相当します。そのため、省エネルギーの中でも見逃せないものとなっています。
近年では、待機時消費電力が小さい製品が増加していますので、機器を購入する際には、待機時消費電力が小さいものを選ぶことが大切です。

家庭の消費電力量 4,432kWh/年・世帯 家庭の消費電力量 4,432kWh/年・世帯

待機時消費電力の削減方法

待機時消費電力を減らす対策は、以下のとおりです。

  • 主電源で切る。
  • 長時間使わない機器はコンセントからプラグを抜く。

    毎回プラグを抜くのが面倒ならば「スイッチ付きタップ」を使ってタップのスイッチを切るようにすれば簡単です。
    機器によっては、プラグを抜くことで漏水やガス漏れの検知機能や凍結防止機能が働かなくなるなど、安全面などの問題が生じる場合もありますので、そのような場合はプラグを抜かないようにしましょう。

  • オートOFF機能や表示OFF機能を使う。

    一定時間使用しないと自動で電源が切れるオートOFF機能を活用したり、DVDレコーダーなど、設定が無効になってしまうため、プラグが抜けない場合は、表示OFF機能を利用したりすることで、待機時消費電力を減らすことも考えられます。

これらを実行することで、待機時消費電力を、約50%削減することが可能です。

待機時消費電力対策の効果 待機時消費電力対策の効果

世帯によって異なる省エネのポイント

家庭の省エネを進めるためには、エネルギーを多く使っているところに対策を実施するのが効果的です。
しかし、何にエネルギーを多く使うかは、地域や家族構成、住宅の構造、ライフスタイルなどにより異なるため、省エネの重点ポイントもそれぞれ異なります。

地域によるエネルギー消費の違い

我が国は地域によって気候が異なり、それが家庭のエネルギー消費に大きな影響を与えています。北海道や東北などの寒冷地では、暖房や給湯のエネルギー消費が他地域よりも多くなっています。一方、照明や家電等のエネルギー消費は、地域間の差は小さいです。

地域別年間エネルギー消費 地域別年間エネルギー消費

世帯人数によるエネルギー消費の違い

世帯人数が多くなるとエネルギー消費も多くなります。ただし少人数世帯でも冷蔵庫やテレビ、エアコンなどの機器を一通り使用している場合が多いことから、例えば単身世帯のエネルギー消費の平均は、4人世帯の平均の1/4より多くなります。このことが人口が横ばいでも世帯数が増えると家庭部門のエネルギー消費が増加することにつながります。

世帯別人数別年間エネルギー消費(戸建) 世帯別人数別年間エネルギー消費(戸建)

住宅の種類別エネルギー消費

一般的に戸建住宅は、集合住宅と比較してエネルギー消費が多くなります。特に差が顕著に現われているのが暖房のエネルギー消費で、周囲が他住居で囲まれていることの多い集合住宅に対して、戸建住宅は冬に室内の熱が外に逃げやすいことも原因となっています。そのため、特に戸建住宅において、住宅の断熱性能の向上が省エネを進めるうえでの重点ポイントであることがわかります。

住宅構造別年間エネルギー消費 住宅構造別年間エネルギー消費

家庭により異なる省エネのポイント

エネルギー消費の構造が様々であることにより、グラフに示すように、それぞれの家庭における省エネの重点ポイントも異なります。効果的に省エネを進めるには、自身の家庭が何に多くエネルギーを消費しているかを知ることが大切です。

家庭の用途別エネルギー消費の例と省エネのポイント 家庭の用途別エネルギー消費の例と省エネのポイント

節電

家庭のエネルギー消費の50%以上は電気です。家庭で省エネを進めるには、電気の使い方を見直す必要があります。

電気の特徴

電気はガスや灯油と異なり、貯めることが難しいため、電力会社は瞬時瞬時で需要と一致させるように、発電の量を調整して、バランスをとるようにしています。
そのため、節電を進めるには、1日全体で電気の使用量を減らすだけでなく、使用する時間帯を意識して、電気の需要がピーク時間帯に集中しないようにすることが重要です。

ピーク時間帯とは

ピーク時間帯とは、1日のうちで最も電気が使われる時間帯のことです。産業用や業務用を含んだ電力需要全体のピーク時間帯は、夏は冷房が多く使われる昼間、冬は暖房や照明が多く使われる夕方です。
家庭だけをみると、ピーク時間帯は、夏も冬も在宅率の高い夜です。

夏と冬のピーク時間帯(イメージ) 夏と冬のピーク時間帯(イメージ)

kWとkWhの違い

電気の単位でよく使われるのがkW(キロワット)とkWh(キロワットアワー)です。kWは、瞬間に使われる電力を表す単位、kWhはkWに時間をかけたもので、使用電力量を表す単位です。

節電においては、電力量(kWh)を減らすだけでなく、ピーク時間帯に使用する電力(kW)を下げることも重要です。

電力の需要曲線(kW) 電力の需要曲線(kWh) 電力の需要曲線(kW) 電力の需要曲線(kWh)

節電の3つの方法

家庭で節電を進めるためには、3つの方法があります。

  • 減らす 減らす

    消費電力を減らすことです。節電と省エネの両方に効果があります。

    【例】
    ・電気製品の無駄な使用を控える。
    ・消費電力が小さくなるような使い方をする。
    ・省エネモードがある電気製品は、省エネモードで使用する。
    ・使用していない電気製品のプラグはコンセントから抜く。

  • ずらす ずらす

    電気を使う時間帯をずらすことです。エネルギーを使う量は変わらないので、節電にはなりますが、省エネにはなりません。

    【例】
    ・電気使用が多い時間帯を避け、夜間や早朝に変更する。
    ・電気製品の同時使用を避ける。

  • 切替える 切替える

    他の方法に切替えることです。省エネになるかどうかは場合によります。


    【例】
    ・電気ではなく、ガスや石油を使う。
    ・省エネ型製品へ買替える。
    ・電気を使わないまたは消費電力の小さい機器に替える。

夏の節電のポイント

夏の節電が一番必要な時間帯である平日の14時頃に、家庭で最も多く電気を消費しているのがエアコンで、約半分を占めています。
夏の節電において最も重要なことは、エアコンを上手に使うことと言えます。

夏の日中(14時頃)の消費電力(在宅世帯平均) 夏の日中(14時頃)の消費電力(在宅世帯平均)

冬の節電のポイント

冬の節電が一番必要な時間帯は夕方から夜にかけてです。暖房にエアコンを使用する家庭ではエアコンが、使用していない家庭では照明が最も多く電気を消費しています。これらの機器を上手に使うことが冬の節電のポイントです。

冬の夕方(19時頃)の消費電力(例) 冬の夕方(19時頃)の消費電力(例)

知る省エネ

使っているエネルギーの"見える化"に役立つツールなどを紹介します。

検針票

電気やガスの検針票には、その期間の使用量が記載されています。それを記録し、分析することで、ご自分の家庭のエネルギー使用について、傾向を把握することができます。
前年同月の使用量が記載されている場合は、比較することで、増加しているのか減少しているのかわかります。

エネルギー供給事業者による省エネ情報提供の実施状況はこちら
検針票 検針票

HEMS(ヘムス)

HEMS(Home Energy Management System、家庭のエネルギー管理システム)は、家電製品や給湯機器をネットワーク化し、表示機能と制御機能を持つシステムのことで、家庭の省エネルギーを促進するツールとして期待されています。
制御機能には、遠隔地からの機器のオンオフ制御や、温度や時間などの自動制御があります。
表示機能は、機器ごとのエネルギー消費量などをパソコン、テレビ、携帯電話の画面などに表示するほか、使用状況に応じた省エネアドバイスを行うなどの機能を併せ持つものもあります。

HEMSの例 HEMSの例

スマートメーター

「スマートメーター」は、電気やガスなどの計量器に、遠隔検針(インターバル検針)、遠隔開閉、計測データの収集発信機能を有する計測器のことです。
スマートメーター導入によって、ウェブサイトなどを通じた電力等の使用状況や料金などの見える化や、計測データに基づく省エネ診断サービスなどが可能になり、これによる省エネルギー効果が期待できます。
電力会社等にとっては、遠隔検針や遠隔開閉による検針業務等の効率化や作業の安全性の向上が期待できます。

スマートハウス・スマートコミュニティ

HEMSやスマートメーターを中核とし、IT技術を駆使して分散型電源・蓄電システム、再生可能エネルギーを含めた地域のエネルギーシステムの最適化を図っていく家々がスマートハウスです。
スマートハウスが普及することで、従来は困難であった「需要のコントロール」が可能となり、蓄電やピークシフトなどにより電力需要構造を効率化することができるようになります。
さらに、電気の有効利用に加え、熱や未利用エネルギーを含めたエネルギーの「面的利用」や地域の交通システム、市民のライフスタイルの変革などを複合的に組み合わせたエリア単位での次世代のエネルギー・社会システムである「スマートコミュニティ」の形成が期待されています。