事業者向け省エネ関連情報

エネルギー消費機器の小売事業者等の省エネ法規制

タイトル画像

エネルギー消費機器の小売事業者等に係る省エネ法の概要(小売事業者表示制度)についてご紹介します。

エネルギー消費機器の小売事業者表示制度について

小売事業者表示制度は、消費者が家電製品等のエネルギー消費機器を購入するときに、省エネ性能が優れている製品を選べるよう支援するために2006年から開始された制度です。
小売事業者等※は、消費者に対して、製品の省エネ性能や経済性を示したラベルを表示する等、省エネに関する情報を提供するよう努めることが、省エネ法に規定されています(努力義務)。
※小売事業者等とは、小売事業者及びその事業活動を通じて消費者の省エネに協力できる事業者(インターネットショッピングモール設置事業者等)をいう。

統一省エネラベル

統一省エネラベルの例

統一省エネラベルのミニラベル

統一省エネラベルのミニラベル

簡易版ラベルの例(電球)

【参考】省エネルギーラベリング制度

トップランナー制度の省エネ基準をどの程度達成しているかを分かりやすく示すことができるラベル。日本産業規格(JIS)により2000年に規格化されています。

1.省エネ性マーク

トップランナー制度における省エネ基準の達成状況を示すマーク。2.で示す省エネ基準達成率に基づく。

達成率が100%以上の場合:緑色

達成率が100%未満の場合:オレンジ色

2.省エネ基準達成率

省エネ基準をどの程度達成しているかを%で表示。

3.エネルギー消費効率

トップランナー制度における評価指標に基づいた省エネ性能値。

4.年度目標

トップランナー制度において定められた省エネ基準達成の目標年度。

トップランナー制度の詳細はこちら

機器・建材トップランナー制度について

エネルギー消費機器の小売事業者表示制度の対象機器

トップランナー制度の対象機器(エネルギー消費機器)29機器のうち、以下の20機器が小売事業者表示制度の対象です。
これら機器の小売事業者等には、製品本体またはその近傍、インターネット販売の場合は製品掲載ページの製品近傍に、統一省エネラベル等の表示により情報提供をするよう努めることが求められています。

表示事項

ラベルの種類

多段階評価点

省エネルギーラベル

年間目安エネルギー料金

統一省エネラベル

簡易版ラベル

エアコン

照明器具(LED器具、蛍光灯器具)

テレビ

電子計算機(コンピュータ、サーバ)

磁気ディスク装置

ビデオテープレコーダー

電気冷蔵庫(冷蔵庫、冷凍冷蔵庫)

電気冷凍庫

ストーブ

ガス調理機器

ガス温水機器

ガス温水機器(暖房機能付き)

石油温水機器

石油温水機器(暖房機能付き)

電気便座

ジャー炊飯器

電子レンジ

DVDレコーダー

ルーティング機器(小型ルーター)

スイッチング機器(L2スイッチ)

電気温水機器(ヒートポンプ給湯器)

電球(LED電球、電球形蛍光ランプ、白熱電球)

※暖房機能付きは対象外

 

FAQ(工事中)

公開までしばらくお待ちください。

関連サイト

関連リンク