ISO50001(エネルギーマネジメントシステム)


持続可能な省エネ・節電を行うために必要な要素が詰まった国際規格
PDCAプロセスで着実なエネルギー管理、国内外におけるビジネスチャンスの可能性
実際に導入・活用した事業者の声

ISO50001とは

事業者が省エネ・節電を行うのに必要な、方針・目的・目標を設定し、計画を立て、手順を決めて管理する活動を体系的に実施できるようにした仕組みを規定している世界標準の規格です。

詳細はこちら

導入活用のポイント

ISO50001では、エネルギーの使用の実態を把握し、原単位などのエネルギーパフォーマンスの評価と改善を行うエネルギーレビューや、取組方針の順守状況を確認、評価、改善を行うなどの内部点検の厳格な運用が活用のポイントになります。

詳細はこちら

導入事例紹介

エネルギーマネジメントシステムを導入した企業の導入背景や規格運用上の工夫、従来スキームとの違い、改善効果などを紹介します。

詳細はこちら

認証制度のしくみ

第三者の審査認証機関による審査を受けて登録されます。基本的な認証制度の仕組みの全体像を紹介します。

詳細

認証取得の流れ

審査認証機関が第三者認証取得を希望する組織に対して行う審査のプロセスを紹介します。

詳細

普及促進のための制度

ISO50001認証取得にあたり国や自治体では取得している事業者への配慮や取得のための各種支援を行っています。

詳細

よくある質問FAQ

詳細

海外主要国の動向

米国、中国、欧州の主要国のエネルギーマネジメント基準化の最新情報を紹介します。

詳細

海外の実行ガイド

米国ではエネルギー省が、EnMS普及活用のためのエネルギーマネジメントツールキットを開発しています。

詳細

ISOリンクについて

ISO50001へのリンクは自由です。指定のバナーをご利用ください。

詳細

      jisc日本工業標準調査会