18

変圧器

 

対象範囲


定格一次電圧が600Vを超え、7,000V以下のものであって、かつ、交流の電路を使用する変圧器。
ただし、以下のものを除く。

①絶縁材料としてガスを使用するもの

②H種絶縁材料を使用するもの

③スコット結線変圧器

④3以上の巻線を有するもの

⑤柱上変圧器

⑥単相変圧器であって定格容量が5kVA以下のもの又は500kVAを超えるもの

⑦三相変圧器であって定格容量が10kVA以下のもの又は2,000kVAを超えるもの

⑧樹脂製の絶縁材料を使用する三相変圧器であって、三相交流を単相交流及び三相交流に変成するためのもの

⑨定格二次電圧が100V未満のもの又は600Vを超えるもの

⑩風冷式又は水冷式のもの

 

エネルギー消費効率


JIS C 4304及びJIS C 4306に規定する測定方法により測定した無負荷損(W)及び負荷損(W)から得られる全損失(W)とする。

 

区分・目標基準値


目標年度以降の各年度において、エネルギー消費効率を区分ごとに出荷台数により加重平均した値が、各区分の目標基準値(基準エネルギー消費効率※1を区分ごとに出荷台数により加重平均した値)を上回らないようにすること。

※1:定式により算定した数値。

区分 基準エネルギー消費効率の算定式
変圧器の種別 相数 定格周波数 定格容量
油入変圧器 単相 50ヘルツ E=11.2S0.732
60ヘルツ E=11.1S0.725
三相 50ヘルツ 500キロボルトアンペア以下 E=16.6S0.696
500キロボルトアンペア超 E=11.1S0.809
60ヘルツ 500キロボルトアンペア以下 E=17.3S0.678
500キロボルトアンペア超 E=11.7S0.790
モールド変圧器 単相 50ヘルツ E=16.9S0.674
60ヘルツ E=15.2S0.691
三相 50ヘルツ 500キロボルトアンペア以下 E=23.9S0.659
500キロボルトアンペア超 E=22.7S0.718
60ヘルツ 500キロボルトアンペア以下 E=22.3S0.674
500キロボルトアンペア超 E=19.4S0.737
※ JIS C 4304及びJIS C 4306に規定する標準仕様状態で使用しない変圧器については、上記区分ごとに油入変圧器は1.10を、モールド変圧器は1.05を、それぞれ算定式の右辺に乗じる。
備考
  1. 「油入変圧器」とは、絶縁材料として絶縁油を使用するものをいう。
  2. 「モールド変圧器」とは、樹脂製の絶縁材料を使用するものをいう。
  3. E及びSは、次の数値を表すものとする。
    E:基準エネルギー消費効率(単位 ワット)
    S:定格容量(単位 キロボルトアンペア)

 

目標年度


2014年度以降の各年度

 

省エネ効果


目標年度(2014年度)において2009年度比約12.5%の効率改善見込み。

 

表示事項


●品名及び形名

●変圧器の種別

●定格容量

●相数

●定格周波数

●定格一次電圧及び定格二次電圧

●エネルギー消費効率

●基準負荷率

●規格名

●製造事業者等の氏名又は名称

 

表示場所


性能表示のあるカタログ及び機器の選定にあたり製造事業者等により提示される資料の見やすい箇所。

 

勧告及び命令の対象となる要件


製造又は輸入の事業を行う者に係る、年間の生産量又は輸入量(国内向け出荷に係るものに限る。)が100台以上。