家庭向け省エネ関連情報

無理のない省エネ節約​

タイトル画像

家庭の中でできる、効果的な省エネ・節電の方法を具体的に紹介いたします。

自動車

省エネレッスン

エコドライブは安全運転。

走行は適正スピードで。燃費面でも経済的です。

希望速度を5km/hだけ抑えて、余裕の運転。

高速走行時は、窓を閉めて。

道路の交通情報を活用して。

迷ってウロウロはエネルギーのムダ。事前に調べてから出かけましょう。

エアコンの使用を控えめに。

タイヤの空気圧をこまめにチェック。

不要な荷物は積まずに走行。

車イラスト 車イラスト

マナーを守れば省エネ運転

運転マナーに関することは、すべて省エネ行動に通じます。
急発進・急加速は事故のもとであり、エンジンにも負担をかけます。空ぶかしは歩行者への迷惑であると同時に、燃料の無駄使い、大気汚染のもとです。迷惑駐車は渋滞の原因になり、環境破壊の引き金にも。マナー違反をしないドライバーは省エネの達人です。

省エネ行動と省エネ効果

ふんわりアクセル「eスタート」

5秒間で20km/h程度に加速した場合。

年間でガソリン83.57Lの省エネ、
原油換算74.63L
CO2削減量194.0kg

11,950の節約

加減速の少ない運転

年間でガソリン29.29Lの省エネ、
原油換算26.16L
CO2削減量68.0kg

4,190の節約

早めのアクセルオフ

年間でガソリン18.09Lの省エネ、
原油換算16.15L
CO2削減量42.0kg

2,590の節約

アイドリングストップ。

5秒の停止で、アイドリングストップ。短い時間のエンジン停止でも省エネ効果があります

年間でガソリン17.33Lの省エネ、
原油換算15.48L
CO2削減量40.2kg

2,480の節約

※ふんわりアクセルeスタート、加減速の少ない運転、早めのアクセルオフによる省エネ効果は、スマートドライブコンテストの操作別燃料消費削減効果による。アイドリングストップは30kmごとに4分間の割合で行うものとし、アイドリング時のガソリン消費量は「エコドライブ10のすすめ」による。年間走行距離、平均燃費は2,000cc普通乗用車/年間10,000km、11.6km/L。

公共交通機関の利用を心がける。

公共交通機関は多くの人を一度に運ぶため、環境にやさしい移動手段です。また渋滞や違法駐車を減らすことにもつながります。省エネルギーや環境保全のため公共交通機関の利用を心がけましょう。

旅客輸送機関別の二酸化炭素排出原単位(2016年度) 旅客輸送機関別の二酸化炭素排出原単位(2016年度)

低燃費、低排出ガス車を利用しましょう。

新車を買う時は、燃費の良い経済車を。電気自動車やプラグイン・ハイブリッド自動車、クリーンディーゼル自動車などの次世代自動車を積極的に選びたいですね。