家庭向け省エネ関連情報

無理のない省エネ節約​

無理のない省エネ節約​

タイトル画像

家庭の中でできる、効果的な省エネ・節電の方法を具体的に紹介いたします。

エアコン

省エネレッスン

冷房時の工夫

・ドア・窓の開閉は少なく。
・レースのカーテンやすだれなどで日差しをカット。
・外出時は、昼間でもカーテンを閉めると効果的。
・扇風機を併用。風がカラダにあたると涼しく感じます。

暖房時の工夫

・ドア・窓の開閉は少なく。
・厚手のカーテンを使用。床まで届く長いカーテンの方が効果的。
・扇風機を併用。暖まった空気を循環させましょう。
※適宜、換気をしましょう

室内エアコンイラスト

室外機のまわりに物を置かない。

・室外機の吹出口にものを置くと、冷暖房の効果が下がります。

室外機画像

省エネ行動と省エネ効果

夏の冷房時の室温は28℃を目安に。

外気温度31℃の時、エアコン(2.2kW)の冷房設定温度を27℃から28℃にした場合(使用時間:9時間/日)

年間で電気30.24kWhの省エネ、
原油換算7.62L
CO2削減量14.8kg

820の節約

冬の暖房時の室温は20℃を目安に。

外気温度6℃の時、エアコン(2.2kW)の暖房設定温度を21℃から20℃にした場合(使用時間:9時間/日)

年間で電気53.08kWhの省エネ、
原油換算13.38L
CO2削減量25.9kg

1,430の節約

冷房は必要なときだけつける。

冷房を1日1時間短縮した場合(設定温度:28℃)

年間で電気18.78kWhの省エネ、
原油換算4.73L
CO2削減量9.2kg

510の節約

暖房は必要なときだけつける。

暖房を1日1時間短縮した場合(設定温度:20℃)

年間で電気40.73kWhの省エネ、
原油換算10.26L
CO2削減量19.9kg

1,100の節約

フィルターを月に1回か2回清掃。

フィルターが目詰りしているエアコン(2.2kW)とフィルターを清掃した場合の比較

年間で電気31.95kWhの省エネ、
原油換算8.05L
CO2削減量15.6kg

860の節約

コラム 1

人気クリエイターが省エネメリットや節約アイデアを紹介

毎日、設定温度を1℃下げるだけで

ひと冬で、1,430節約!

※ひと冬を169日としています。1日を9時間として設定しています。

コラム 2

エアコンは、熱を運ぶポンプのような働きをする「ヒートポンプ」という仕組みで、冷房時には室内の空気の熱を室外へ、暖房時には室外の空気の熱を室内へと移動させることで冷房と暖房の両方を行うことができます。熱を運ぶポンプなので、右記のようにすると少ないエネルギーで冷暖房を行うことができ、省エネにつながります。

ガス・石油ファンヒーター

省エネレッスン

早めのOFFが決め手。

お出かけや寝る直前までつけているのはもったいない。室温は急には下がりません。お出かけや寝る15分くらい前に切るのがコツ。

フィルター掃除で効率アップ。

ファンヒーターの性能をフルに活用するには、フィルターのお手入れは欠かせません。掃除機でホコリを吸い取ったり、ぬるま湯で洗ってからしっかり乾かしましょう。

体感温度アップ!

寒いからといって、設定温度を上げる前に着る物を工夫しよう!

省エネ行動と省エネ効果

室温は20℃を目安に。

外気温度6℃の時、暖房の設定温度を21℃から20℃にした場合(使用時間:9時間/日)

●ガスファンヒーターの場合

年間でガス8.15m3の省エネ、
原油換算9.45L
CO2削減量18.3kg

1,320の節約

●石油ファンヒーターの場合

年間で灯油10.22Lの省エネ、
原油換算9.68L
CO2削減量25.4kg

880の節約

必要な時だけつける。

1日1時間運転を短縮した場合(設定温度:20℃)

●ガスファンヒーターの場合

年間でガス12.68m3の省エネ

2,050の節約

年間で電気3.72kWhの省エネ

100の節約

原油換算15.65L
CO2削減量30.3kg

合計 約2,150の節約

●石油ファンヒーターの場合

年間で灯油15.91Lの省エネ

1,370の節約

年間で電気3.89kWhの省エネ

110の節約

原油換算16.05L
CO2削減量41.5kg

合計 約1,470の節約
※四捨五入の関係で合計が合わない場合があります。

コラム

人気クリエイターが省エネメリットや節約アイデアを紹介

毎日、使用時間を1時間短くすると

(石油ファンヒーター) ひと冬で、1,470節約!

(ガスファンヒーター) ひと冬で、2,150節約!

※ひと冬を169日としています。設定温度を20℃としています。

電気カーペット

省エネレッスン

断熱マットで効率アップ。

床にじかに敷くと、熱が床に逃げて暖房効率が下がります。電気カーペットの下に断熱マットなどを敷くのが省エネのコツ。

人のいない部分は、温めない。

電気カーペットを分割して温める機能があるものは、活用しましょう。

電気カーペットイラスト 電気カーペットイラスト

省エネ行動と省エネ効果

広さに合った大きさを。

室温20℃の時、設定温度が「中」で1日5時間使用した場合、3畳用のカーペットと2畳用のカーペットとの比較

年間で電気89.91kWhの省エネ、
原油換算22.66L
CO2削減量43.9kg

2,430の節約

設定温度は低めに。

3畳用で、設定温度を「強」から「中」にした場合(1日5時間使用)

年間で電気185.97kWhの省エネ、
原油換算46.86L
CO2削減量90.8kg

5,020の節約

電気こたつ

省エネレッスン

腰の上の冷え対策には。

こたつはおもに腰から下を温める暖房機器なので、上半身は寒くなりがち。カーディガンなどを1枚多めに着込むことが温かさのポイントです。ストーブやエアコンなど、他の暖房機器と併用する場合は、控えめな温度設定を。

電気こたつイラスト 電気こたつイラスト

省エネ行動と省エネ効果

こたつ布団に、上掛と敷布団をあわせて使う。

こたつ布団だけの場合と、こたつ布団に上掛けと敷布団を併用した場合の比較(1日5時間使用)

年間で電気32.48kWhの省エネ、
原油換算8.18L
CO2削減量15.9kg

880の節約

設定温度は低めに。

温度調節を「強」から「中」に下げた場合(1日5時間使用)

年間で電気48.95kWhの省エネ、
原油換算12.34L
CO2削減量23.9kg

1,320の節約

床暖房

省エネレッスン

床暖房の上手な使い方

床暖房は足元から体を温めるので、室温を低く設定しても快適に過ごすことができます。室温は低めに設定しましょう。

床暖房は運転をストップしてもすぐに冷めることはなく、暖かさが持続します。就寝や外出の約30分前にスイッチを切るようにしましょう。タイマーを使えばスイッチの切り忘れを防ぐことができます。

床暖房の上には、カーペットやラグマットなどを使わない方が効果的です。床暖房のある部屋にベッドを置く場合は、ベッドの下にものを置かないようにしましょう。

床暖房イラスト 床暖房イラスト