11

電気冷凍庫

 

対象範囲


電気冷凍庫。
ただし、以下のものを除く。

①熱電素子を使用するもの

②家庭用のもののうち、吸収式のもの

③家庭用以外のもののうち、次に掲げるもの

 イ.定格内容積が2,000Lを超えるもの

 ロ.JIS B 8630(2009)の対象となるもの以外のもの

 ハ.1・1・1・2・2-ペンタフルオロエタン(別名HFC-125)、1・1・1-トリフルオロエタン(別名HFC-143a)又は1・1・1・2-テトラフルオロエタン(別名HFC-134a)を冷媒として使用しないもの

 ニ.定格貯蔵温度をマイナス30度以下に維持できるもの

 ホ.電源から切り離した状態で用いるためのものであってキャスターを有するもの

 ヘ.横型のものであって高さの外形寸法(流し台と一体のものにあっては、流し台の高さに相当する高さを除く。)が650mm以下のもの

 ト.縦型のものであって高さの外形寸法が2,050mm以上のもの

 チ.水冷式凝縮器を有するもの

 リ.筐体の両面に扉を有する構造のもの

 ヌ.専ら検査用の食品を保管するためのもの

 ル.ドロワー冷凍庫

 ヲ.注文者の指図に基づき定められた筐体寸法、圧縮機の冷凍能力又は断熱性能の仕様に従ってその注文者のために製造されたものであって、年間の出荷台数が50台未満のもの

 

エネルギー消費効率

〈家庭用冷凍庫〉

●「区分・目標基準値」の①に示す基準
JIS C 9801(2006)に規定する方法により測定した年間消費電力量(kWh/年)。

●「区分・目標基準値」の②に示す基準
JIS C 9801-3(2015)に規定する方法により測定した年間消費電力量(kWh/年)。

〈業務用冷凍庫〉

●JIS B 8630(2009)に規定する方法により測定した年間消費電力量(kWh/年)。

 

区分・目標基準値


目標年度以降の各年度において、エネルギー消費効率を区分ごとに出荷台数により加重平均した値が、各区分の目標基準値(基準エネルギー消費効率※1を区分ごとに出荷台数により加重平均した値)を上回らないようにすること。

※1:算定式により算定し、小数点以下を四捨五入した数値。

〈家庭用冷凍庫〉

①目標年度が2010年度以降の各年度(2020年度まで)のもの

区分 基準エネルギー消費効率の算定式
区分名 冷却方式 定格内容積
A 冷気自然対流方式のもの E1=0.844V1+155
B 冷気強制循環方式のもの 300リットル以下 E1=0.774V1+220
C 300リットル超 E1=0.302V1+343
備考 E1及びV1は、次の数値を表すものとする。
E1:基準エネルギー消費効率(単位 キロワット時毎年)
V1:調整内容積(冷凍室の定格内容積に、当該冷凍室がスリースター室タイプのものにあっては2.20を、ツースター室タイプのものにあっては1.87を、ワンスター室タイプのものにあっては1.54を乗じ、小数点以下を四捨五入した数値)(単位 リットル)

②目標年度が2021年度以降の各年度のもの

区分 基準エネルギー消費効率の算定式
区分名 貯蔵室 冷却方式
a 冷凍庫 冷気自然対流方式のもの E3=0.589V3+74
b 冷気強制循環方式のもの E3=1.328V3+80
備考 E3及びV3は、次の数値を表すものとする。
E3:基準エネルギー消費効率(単位 キロワット時毎年)
V3:調整内容積(各貯蔵室の定格内容積に調整内容積係数を乗じた数値の総和であって、次に掲げる算定式により算出し、小数点以下を四捨五入した数値)(単位 リットル)
Kci:調整内容積係数(次の表の左欄に掲げる貯蔵室の種類ごとに右欄に掲げる数値)
Vi:定格内容積(次の表の左欄に掲げる貯蔵室の種類ごとの数値)(単位 リットル)
n:冷凍庫の貯蔵室数
貯蔵室の種類 調整内容積係 Kci
ワンスター 1.48
ツースター 1.76
スリースター又はフォースター 2.05

〈業務用冷凍庫〉

③目標年度が2016年度以降の各年度のもの

区分 基準エネルギー消費効率の算定式
区分名 形状
3A 縦型 E2=1.96V2+186nF+295dF+788
3B 横型 E2=4.12V2+157nF+157dF+349
4A チェストフリーザー E2=1.16V2+211
4B 冷凍ストッカー E2=1.39V2+359
備考
  1. 「縦型」とは、JIS B 8630(2009)に規定する外形寸法に基づく高さ(以下「外形高さ寸法」という。)(単位 ミリメートル)が1,000 ミリメートル超の機器であって前開き形のものをいう。
  2. 「横型」とは、外形高さ寸法が、1,000ミリメートル以下の機器であって前開き形のものをいう。
  3. 「チェストフリーザー」とは、上開き形であって、上方に引き上げる形状の扉をもつものとする。
  4. 「冷凍ストッカー」とは、上開き形であって、左右にスライドする形状の扉をもつものとする。
  5. E2は基準エネルギー消費効率(単位 キロワット時毎年)の数値を表すものとする。
  6. V2は調整内容積(単位 リットル)であって、次の表の左欄に掲げる区分名ごとに右欄に掲げる算定式により算出し、小数点以下を四捨五入した数値とする。
    dはJIS B 8630(2009)に規定する外形寸法に基づく奥行き(以下「外形奥行き寸法」という。)(単位 ミリメートル)をいう。
    VFは定格内容積(単位 リットル)をいう。
    区分名 調整内容積
    3A V2=800/d×VF
    3B V2=600/d×VF
    4A V2=VF
    4B V2=VF
    ただし、上記の算定式の結果、調整内容積が区分名「3A」であって500以下の場合は500、区分名「3B」であって75以下の場合は75、区分名「4A」であって250以下の場合は250、区分名「4B」であって50以下の場合は50の数値を用いるものとする。
  7. nFは観音扉にセンターピラーを設けていない箇所数をいう。
  8. dFは多扉(次の表の左欄に掲げる種類に応じ、同表の右欄の標準扉枚数を超えるものをいう。)のものにあってはdF=1とし、その他のものにあってはdF=0 とする。
    種類 標準扉枚数
    形状 外形幅寸法
    縦型 825ミリメートル以下 2
    825ミリメートル超1,650ミリメートル以下 4
    1,650ミリメートル超 6
    横型 1,050ミリメートル以下 1
    1,050ミリメートル超1,650ミリメートル以下 2
    1,650ミリメートル超 3
    ※外形幅寸法とは、JIS B 8630(2009)で規定する外形寸法に基づく幅(単位 ミリメートル)をいう。

 

目標年度

〈家庭用冷凍庫〉

●2010年度以降の各年度(2020年度まで)

●2021年度以降の各年度

〈業務用冷凍庫〉

●2016年度以降の各年度

 

省エネ効果


●2010年度に目標年度を迎えた家庭用冷凍庫については、2005年度比で約24.9%の効率改善。

●2021年度に目標年度を迎える家庭用冷凍庫については、2014年度比約12.7%の効率改善見込み。

●2016年度に目標年度を迎えた業務用冷凍庫については、2007年度比約50.4%の効率改善。

 

表示事項

〈家庭用冷凍庫〉

●品名及び形名

●定格内容積

●エネルギー消費効率

●外形寸法

●製造事業者等の氏名又は名称

〈業務用冷凍庫〉

●品名及び形名

●区分名

●定格内容積

●外形奥行き寸法

●観音扉にセンターピラーを設けていない箇所数

●多扉のものにあってはその旨

●エネルギー消費効率

●製造事業者等の氏名又は名称

 

表示場所


本体の見やすい箇所。

 

勧告及び命令の対象となる要件


製造又は輸入の事業を行う者に係る、年間の生産量又は輸入量(国内向け出荷に係るものに限る。)が300台(業務用冷凍庫にあっては100台)以上。