特定卸供給事業にかかる届出義務について

2022年4月より、特定卸供給事業者(アグリゲーター)制度が開始します。特定卸供給事業に該当する事業者は、事業を実施する30日前に経済産業大臣への届出を行う必要があります 

<留意点>

・2022年4月1日時点で、既に特定卸供給事業に該当する事業を行っている場合は、制度開始以降も、継続して事業実施が可能ですその際は、2022年6月30日までに届出が必要です。 

届出の提出等の御相談については、資源エネルギー庁特定卸供給事業担当bzl-aggregator-uketsuke@meti.go.jpまで御連絡ください。 

・審査の効率化や手戻りの防止等のため、届出については、上記担当まで事前に下書きの提出をお願いしています。 

関係資料ダウンロード

※追って掲載いたします。

(参考)特定卸供給事業の届出に係る事業者説明会資料(2022年3月1日)

  • 上記資料とあわせて、よくあるご質問をまとめたQ&A(PDF形式:144KB)PDFファイルもご覧ください。
  • 特定卸供給事業者一覧は こちら をご覧ください。

連絡先

電力・ガス事業部 電力基盤整備課 電力供給室
担当者:伊藤、涌浦
電話番号:03-3501-1749

(サイバーセキュリティの確保に関して)
電力・ガス事業部 電力産業・市場室
担当者:郷原、伊藤、清水
電話番号:03-3501-1748

特定卸供給事業制度 受付メーリス
E-mail:bzl-aggregator-uketsuke@meti.go.jp

最終更新日:2022年4月1日