特例需要場所について

4.特例需要場所の定義に記載されている「温室効果ガス等の排出の抑制等の措置」とはどのような措置か?
当該措置によりどのような場所が「特例需要場所」となるのか?
再エネ発電設備は「特例需要場所」の対象となるのか?

「温室効果ガス等の排出の抑制等のための措置」には、例えば、太陽光発電設備や蓄電池、電化モビリティー(電気自動車(EV)・プラグインハイブリット車(PHV)等)の急速充放電器・普通充放電器の設置が挙げられます。
このため、電力・ガス基本政策小委員会でニーズ例として掲載した通り、再エネ発電設備を含む必要最小限の場所が、「特例需要場所」の対象となります。

<対象となる事例1>再エネ発電設備の設置

<対象となる事例2>電化モビリティー(電気自動車(EV)・プラグインハイブリット車(PHV)等)の急速充放電器・普通充放電器の設置

お問合せ先

「特例需要場所等に関するQ&A」のTOPに戻る

最終更新日:2021年4月2日