2009年以降に太陽光発電で売電をしているみなさま 固定価格での買取期間が、2019年11月以降順次、満了します。

固定価格買取制度についての大切なお知らせ

2009年に開始された買取制度は、太陽光発電で作られた電力のうち、
余剰電力が買取対象となる制度です。10年間の買取期間が設定されており、
2019年以降順次、買取期間の満了をむかえることになります。

  • 例.
  • 2009年10月以前に売電を開始した方は2019年11月に満了。
  • 2009年11月に売電を開始した方は2019年11月に満了。
  • 2012年11月に売電を開始した方は2022年11月に満了。

買取期間が終了した電源については、法律に基づく電力会社の買取義務はなくなりますが、
①自家消費 または ②相対・自由契約で余剰電力を売電することが可能です。

ご注意ください

<買取期間満了をむかえるみなさま>

「○○が一番お得!」や「○○しなければ損をする」といったセールストークに注意!!

詳しくはこちら

買取期間満了後の選択肢

自分の買取期間が満了する事や満了後の具体的なメニューばいつ頃どうやって分かるの? ご自分の買取期間満了時期の通知や買取メニューが公表される時期や情報入手経路をご紹介します。

  • 選択① 自家消費

    電気自動車や蓄電池・エコキュートと組み合わせるなどして「自家消費」する。

    • 家庭用蓄電池を購入して、太陽光発電でまかなえる電力を増やす

      昼間に発電して、電気製品などの電力に使用しつつ、余った電力を蓄電池に貯めることで、夜間に使用することができます。

    • プラグインハイブリッド自動車、電気自動車を購入し、発電した電気を自動車の動力等に使う​

      昼間に発電した電気を、電気自動車などに充電することで、自動車の動力や家庭の電気製品などの電力として、使用することができます。

  • 選択② 相対・自由契約

    余剰電力を「売電」する。

    • 売電できる事業者に対し、相対・自由契約で余剰電力を「売電」する

      小売電気事業者などと個別に契約し、余剰電力を買取ってもらうことができます。

自分の買取期間が満了する事や満了後の具体的なメニューばいつ頃どうやって分かるの? ご自分の買取期間満了時期の通知や買取メニューが公表される時期や情報入手経路をご紹介します。

    • 買取期間の満了時期は、電気を買い取っている電力会社等から個別で通知されます。

      • ご自分の買取期間満了時期については、現在、電力を買取っている電力会社等から、個別に通知されます。
        通知の時期は、電力会社等によって異なり、先行して通知されるケースもありますが、おおむね、買取期間満了の6~4ヶ月前です。

    • 具体的な買取メニューについては、2019年4月以降に発表されます。

      • 具体的な買取メニューについては、電力会社等から、先行して発表されるケースもありますが、現在、電力を買取っている電力会社等からは、おおむね、2019年4月~6月ごろ発表される予定です。

    個別通知・買取メニュー発表に関する主なスケジュール

    (注)個別通知の時期は2019年11月に買取期間満了を迎える方を想定したものです。

    大手電力の買取者から2018年中にメニュー発表時期の公表、2019年4月~6月頃までに具体的なメニューが発表される。買取期間満了の6ヶ月前~4ヶ月前まで、現在、電力を買い取っている事業者から個別通知がされ、2019年11月末以降順次買取期間満了となります。

事業者の方へ

買取期間が満了する住宅用太陽光発電設備保有者に向けたサービス等の情報提供、2019年~2023年満了予定件数リストなどはこちら。

詳しくはこちら

よくあるご質問

使いきれなかった電力をどう活用すれば良いのかなど、
よくあるご質問をまとめています。
詳しくは下記よりご確認ください。

詳しくはこちら

更新情報

  • 2018.10.25NEW 住宅用太陽光設備の買取期間満了に関する情報サイト(どうする?ソーラー)公開しました。

お問い合わせはこちらから

受付時間:平日9:00~18:00まで
(土・日・祝日、年末年始は除きます)