電気、ガス、ガソリンへの
負担軽減策
引き続き実施します。

政府は、激変緩和措置として、エネルギー価格の高騰の影響を受ける家庭や企業等の負担を軽減するための措置を実施しております。燃料油については現在の支援を2024年4月末まで継続するとともに、電気・ガスについても、現在の支援を2024年4月末まで行い、5月は激変緩和の幅を縮小します。

  • 電気料金

    低圧:3.5円/kWh
    高圧:1.8円/kWh
    ※2024年5月は激変緩和の幅を縮小
  • 都市ガス料金

    15円/㎥
    ※家庭及び年間契約量1,000万㎥未満の
    企業等が対象
    ※2024年5月は激変緩和の幅を縮小
  • ガソリン小売価格

    全国平均価格で
    1ℓ 175円程度となるよう
    柔軟に補助を実施

値引き・補助額の確認方法について

電気・ガス

電気料金の場合

値引きの単価(低圧契約のご家庭や企業は3.5円、高圧契約の企業は1.8円)に、月々の使用量(kWh)を掛けたものが値引き額です。
例えば、毎月の使用量が400kWhの標準的な世帯の場合、3.5円×400kWh=1,400円です。

3.5円×400kwh=1,400円
※2024年5月は激変緩和の幅を縮小

都市ガス料金の場合

値引きの単価(15円)に月々の使用量(㎥)を掛けたものが値引き額です。
例えば、毎月の使用量が30㎥の標準的な世帯では、15円×30㎥=450円となります。

15円×30m3=450円 電気ご使用量のお知らせ
※2024年5月は激変緩和の幅を縮小

ガソリン

ガソリンへの補助支給額は、毎週の原油価格などによって変動していますが、こちらのサイトで確認できます。