熱供給事業関連サイト

その他の情報提供

「熱供給事業」とは??

「熱供給事業」とは、一般的には「地域冷暖房」と呼ばれるもので、一定地域内の建物群に対して蒸気・温水・冷水等の熱媒を熱源プラント(ただし熱源設備の加熱能力21ギガジュール/時以上)から導管を通じて供給する事業のことを言います。

「熱供給事業」

熱供給事業法による規制

熱供給事業に対しては、「熱供給事業法」(昭和47年法律第88号)により、一般の需要に応じて熱供給を行う事業を公益事業と位置づけており、右のような主たる内容の規制を規定しています。

熱供給事業法における規定
  • 事業登録(法第3条)
  • 供給能力の確保(法第13条)
  • 供給条件の説明等(法第14条~第16条)
  • 熱供給施設に係る保安規制(法第20条~第24条)

熱供給事業法について詳しく知りたい方は、こちらをクリックしてください。
(熱供給事業法、熱供給事業法施行令、熱供給事業法施行規則、熱供給事業法に基づく経済産業大臣の処分に係る審査基準等について)

熱供給事業の成立要件

熱供給事業法の第2条において、「熱供給」と「熱供給事業」の定義を行っています。同法に定められた熱供給事業の成立要件は、以下のような内容となっています。

熱供給事業法における熱供給事業成立要件(同法第5条:事業許可審査要件)フロー図

「熱供給事業関連サイト」のページに戻る