マンガでわかる 電気はあってあたりまえ?

核燃料サイクルのことを、もっと知ろう

「 核燃料サイクル」がどのようなものなのか、見ていきましょう

原子力発電のウラン燃料は、天然のウラン鉱石【下の図①】をもとに、さまざまな加工【②】をしてつくられます。原子力発電所【③】で使用した後の燃料(使用済燃料)【④】は、再処理工場【⑤】へ 運ばれます。この工場で、まだ使えるウランなどが回収され、これらを使って新しい燃料【⑥】がつくられます。こうして輪のように回りながら、大切な資源が有効に利用され、発電に使われていくわけです。

図:核燃料サイクルイメージ図
①ウラン鉱石→②製錬工場→②転換工場→②ウラン濃縮工場→②再転換工場→成型加工工場→③原子力発電所→④使用済燃料→中間貯蔵施設→⑤再処理工場→MOX燃料加工工場→⑥MOX燃料→③原子力発電所

大きい画像で見る

「マンガでわかる 電気はあってあたりまえ?」 一覧ページに戻る