再生可能エネルギーを知る、学ぶ

再生可能エネルギーの種類と特徴

本文です。

バイオマス発電

循環型社会の構築を目指して

バイオマスとは、動植物などから生まれた生物資源の総称。
バイオマス発電では、この生物資源を「直接燃焼」したり「ガス化」するなどして発電します。
技術開発が進んだ現在では、様々な生物資源が有効活用されています。

特長

1.地球温暖化対策
光合成によりCO2を吸収して成長するバイオマス資源を燃料とした発電は「京都議定書」における取扱上、CO2を排出しないものとされています。
2.循環型社会を構築
未活用の廃棄物を燃料とするバイオマス発電は、廃棄物の再利用や減少につながり、循環型社会構築に大きく寄与します。
3.農山漁村の活性化
家畜排泄物、稲ワラ、林地残材など、国内の農産漁村に存在するバイオマス資源を利活用することにより、農産漁村の自然循環環境機能を維持増進し、その持続的発展を図ることが可能となります。
4.地域環境の改善
家畜排泄物や生ゴミなど、捨てていたものを資源として活用することで、地域環境の改善に貢献できます。

課題

資源が広い地域に分散しているため、収集・運搬・管理にコストがかかる小規模分散型の設備になりがちという課題があります。

バイオマスの分類

バイオマスの分類表

事例紹介

ケーススタディ1
エフオン日田(出力12,000kW)
発電所の写真

国内有数の木材生産地である大分県日田市に立地する木質バイオマス発電所。建築発生木材に由来する木質チップを購入し、発電した電気を電気事業者に供給している。同地域で大量発生する樹皮(バーク)についても、ボイラ用燃料として受け入れを開始している。

ケーススタディ2
くずまき高原牧場 畜ふんバイオマスシステム(出力37kW)
プラント風景

くずまき高原牧場内の牛の排泄物を発酵させてメタンガスを抽出し、発電ならびに熱回収を行うシステム。畜ふんの適性管理を主な目的として導入したもので、発生電力および熱はプラント内の負荷で消費している。
平成17年度新エネ大賞「資源エネルギー庁長官賞」

ケーススタディ3
横浜市 北部汚泥資源化センター (出力 ガスエンジン920kW×4基 1,100kW×1基)
タンク群

下水処理過程で発生する汚泥処理を行う横浜市環境創造局北部汚泥資源化センターでは、処理過程で発生する消化ガスを燃料にして、ガスエンジンで電気を発電。所内電力の約70%を賄っているほか、エンジンから発生する熱も消化タンクの加熱等に利用している。

ケーススタディ4
コープこうべ 廃棄物処理施設(出力60kW)
施設全景

生活協同組合コープこうべ直営の食品工場で生産する豆腐、麺、パンなどの製造過程で発電する生ゴミ5tと排水処理施設から排出される汚泥1tをメタンガスに変換し、電気や熱エネルギーとして工場内で再利用している。

ケーススタディ5
川崎バイオマス発電株式会社(発電規模 33,000 kW)
川崎バイオマス発電株式会社

川崎バイオマス発電の燃料は、木質チップ。発電所に隣接した「ジャパンバイオエナジー株式会社」で木質の廃材をチップ化したものと、購入した木製チップ製品で、年間18万tの木質チップを使用し、現在33,000kWを発電しています。この電力量は、一般家庭で言えば約38,000世帯が1年間使用する量に相当するそうです。

・取材記事へ⇒

 

固定価格買取制度及びグリーン投資減税に関するお問い合わせ窓口(受付時間 平日9時から18時) 電話番号0570-057-333 PHS、IP電話からは042-524-4261 詳細はこちらへ