電力の小売全面自由化って何?

電力の小売全面自由化とは

これまで家庭や商店向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)だけが販売しており、家庭や商店では、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。

各地域の電力会社の供給区域
各地域の電力会社の供給区域

2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化されることにより、家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになります。
つまり、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになるのです。

電力の小売自由化の歴史

電力の小売自由化は、工場などの大口消費者については、すでに実現しています。
最初の小売自由化は、2000年3月に始まりました。はじめは、「特別高圧」区分の大規模工場やデパート、オフィスビルが電力会社を自由に選ぶことができるようになり、新規参入した電力会社「新電力」からも電気を購入することが可能になりました。
その後、2004年4月・ 2005年4月には、小売自由化の対象が「高圧」区分の中小規模工場や中小ビルへと徐々に拡大していきました。
そして、 2016年4月1日からは、「低圧」区分の家庭や商店などにおいても電力会社が選べるようになります。

  • 2000年3月電力小売全面自由化スタート! 特別高圧(大規模工場やデパート、オフィスビル)
  • 2004年4月・ 2005年4月自由化領域拡大 高圧(中小ビルや中小規模工場)
  • 2016年4月全面自由化 低圧(家庭や商店)

電力の小売全面自由化の流れ

家庭や商店が対象となる「電力の小売全面自由化」は、2016年1月から事前受付が本格化、2016年4月からスタート。
※2016年4月まで特段の手続をしなかった場合には、現在契約している地域の電力会社から、今までどおり電気が供給されます。

2016年1月~

年明け1月より電力会社・料金メニュー切り替えの事前受付が本格化します。

※新規参入の電力会社・地域の電力会社から新しい料金プラン、サービス内容が、順次発表されます。

※切り替えの事前予約受付を開始する時期は、会社によって異なります。

2016年4月~

電力の小売全面自由化

※新規参入の電力会社・地域の電力会社の各社の新しい料金プラン、サービス内容への切り替えが可能となります。

※消費者保護のため、競争が十分に進展するまでの間(少なくとも2020年3月まで)は、現在の一般的な料金メニュー(政府の規制を受けた料金メニュー)も、各地域の電力会社から引き続き提供されます。

私たちが何気なく使っている“電気”。
発電所からご家庭まで電気が届けられる
仕組みについてご紹介します。

電力供給の仕組み

電力の小売全面自由化で皆さまの生活が
どう変わるのか、ご紹介します。

電力の小売全面自由化でどう変わるの?