省エネ家電 MENU

省エネ家電の選び方

何を基準に省エネ家電を選べばよいのでしょうか?
家電製品の省エネ性能を示す「省エネラベル」を参考にして
省エネ家電を選択してください。

省エネラベリング制度とは?

  • 省エネ法で定めた省エネ性能の向上を促すための目標基準(トップランナー基準)の達成度合いをラベルに表示するものです。
    省エネラベルは、カタログや製品本体、包装など、見やすいところに表示されます。
  • 省エネラベリング制度の例
  • ①省エネ性マーク

    トップランナー基準を達成した(省エネ基準達成率100%以上)製品にはグリーンのマークを表示し、未達成(100%未満)の製品にはオレンジ色のマークを表示します。

    ②省エネ基準達成率

    その製品がトップランナー基準の目標基準値を、どの程度達成しているかを%で示します。

    ③エネルギー消費効率

    エネルギー消費効率は、機器ごとに定められた測定方法によって得られた数値です。APF(通年エネルギー消費効率)のように効率で表すものや年間消費電力量のようにエネルギーの消費量で表すものがあります。

    ④エネルギー消費効率

    目標年度はトップランナー基準を達成すべき年度で、機器ごとに設定されています。

    統一省エネラベルとは?

  • 小売事業者が製品の省エネ情報を表示するための「統一省エネラベル」制度が2006年10月から開始されました。
    制度内容は、製品個々の省エネ性能を表す省エネラベル、市販されている製品の中で相対的に位置づけた多段階評価、年間の目安電気料金(または目安燃料使用量)などを製品本体またはその近傍に表示するものです。
    「統一省エネラベル」が表示される製品は2018年4月1日現在、エアコン、電気冷蔵庫、電気冷凍庫、液晶テレビ、電気便座、蛍光灯器具(家庭用)です。
  • 統一省エネラベルの見本
  • ①年度

    本ラベル内容が何年度のものであるかを表示。

    ②フロンマーク

    ノンフロン電気冷蔵庫はノンフロンマークを表示。

    ③省エネラベル

    メーカーなどがそれぞれの製品の省エネ性能をお知らせしているものです。

    ④年間の目安電気料金

    エネルギー消費効率(年間消費電力量等)を分かりやすく表示するために年間の目安電気料金で表示。
    電気料金は、公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会「新電力料金目安単価」から算出。

    ⑤多段階評価

    多段階評価基準は市販されている製品の省エネ基準達成率の分布状況に応じて定められており、省エネ性能を5段階の星で表示する制度です。省エネ性能の高い順に5つ星から1つ星で表示。
    トップランナー基準を達成している製品がいくつ星以上であるかを明確にするため、星の下のマーク( )でトップランナー基準達成・未達成の位置を明示。

    各家電の多段階評価

    エアコン

    エアコンの統一省エネラベルの見本

    省エネ基準達成率

    室内機の形態、冷房能力、室内機の寸法が同じならば、省エネ基準達成率が高いほど省エネ性が優れ、年間電気料金も安くなります。

    冷暖房運転期間・運転時間
    運転期間:暖房期間5.5か月(10月28日~4月14日)169日/冷房期間3.6か月(6月2日~9月21日)112日
    運転時間:6:00~24:00の18時間

    期間消費電力量は日本工業規格JIS C 9612:2005(ルームエアコンディショナ)「期間エネルギー消費効率算定のための試験及び算出方法」に基づくAPFから算出。

    APF(通年エネルギー消費効率)とは

    ある一定条件下でエアコンを使用したとき、1年間に必要な冷暖房能力を、1年間でエアコンが消費する電力量(期間消費電力量)で割った数値です。APF数値が大きいほど、省エネ性が高いです。

    電気冷蔵庫

    電気冷蔵庫の統一省エネラベルの見本

    省エネ基準達成率

    冷却方式、定格内容積等が同じならば、省エネ基準達成率が高いほど省エネ性に優れています。
    冷蔵庫は、冷却方式、定格内容積等により区分され、目標基準値算定式が設定されています。

    年間消費電力量

    冷蔵庫をJISで規定された方法で使用した際の年間消費電力量です。
    年間消費電力量が小さいほど、目安となる年間電気料金が安くなります。
    一般的に、容積が大きいほど年間消費電力量は大きくなりますが、インバータ制御や真空断熱材を導入した製品は、省エネ性が高いです。

    電気冷凍庫

    電気冷凍庫の統一省エネラベルの見本

    省エネ基準達成率

    冷却方式、定格内容積等が同じならば、省エネ基準達成率が高いほど省エネ性に優れています。
    冷凍庫は、冷却方式、定格内容積等により区分され、目標基準値算定式が設定されています。

    年間消費電力量

    冷凍庫をJISで規定された方法で使用した際の年間消費電力量です。
    年間消費電力量が小さいほど、目安となる年間電気料金が安くなります。
    一般的に、容積が大きいほど年間消費電力量は大きくなりますが、インバータ制御や真空断熱材を導入した製品は、省エネ性が高いです。

    液晶テレビ

    液晶テレビの統一省エネラベルの見本

    省エネ基準達成率

    画面の大きさや機能(動画表示速度、画素数、録画機能等)が同じならば、省エネ基準達成率が高いほど省エネ性に優れ、年間電気料金も安くなります。
    テレビサイズや付加機能等により区分され、目標基準値算定式が設定されています。

    年間消費電力量

    省エネ法に基づいて家庭での平均視聴時間を基準に算出した、年間消費電力量です。
    年間消費電力量が小さいほど、目安となる年間電気料金が安くなります。
    一般的に、テレビサイズが大きくなる、あるいは複数の機能を備えるほど、年間消費電力量は大きくなります。

    電気便座

    電気便座の統一省エネラベルの見本

    省エネ基準達成率

    種類(貯湯タンクの有無等)が同じならば、省エネ基準達成率が高いほど省エネ性に優れ、年間電気料金も安くなります。
    電気便座は洗浄機能・貯湯タンクの有無により区分され、目標基準値が設定されています。

    年間消費電力量

    電気便座を家庭での平均的な方法で使用したときの年間消費電力量です。
    年間消費電力量が小さいほど、目安となる年間電気料金が安くなります。

    照明機器

    照明機器の統一省エネラベルの見本

    省エネ基準達成率

    適用畳数、全光束(明るさ)が同じならば、省エネ基準達成率が高いほど省エネ性に優れ、年間電気料金も安くなります。
    蛍光ランプの種類や大きさ等により区分され、目標基準値が設定されています。

    エネルギー消費効率

    1Wでどれだけの明るさ(光束)が得られるかを表しています。この値が大きいほど、省エネ性に優れているといえます。