省エネ家電 MENU
エアコン

エアコン

今のエアコンは、10年前のものと比較して約5%の省エネ。
パーセンテージは少ないですが、消費電力量が大きいため
エアコンの買換えは大きな省エネになります。

こんなに変わった消費電力量

買換えの際は、かしこく選ぼう!

10年で約5%の省エネ

※期間消費電力量は日本工業規格J I S C 9612:2005に基づくAPFから算出された試算値です。なお、地域、気象条件などにより、値は変わります。
・冷暖房兼用・壁掛け形・冷房能力2.8kWクラス省エネルギー型の代表機種の単純平均値。設置環境や使用条件により値は変わります。
 出典:一般社団法人 日本冷凍空調工業会

統一省エネラベル 多段階評価

エアコンの統一省エネラベルの見本

省エネ基準達成率

室内機の形態、冷房能力、室内機の寸法が同じならば、省エネ基準達成率が高いほど省エネ性が優れ、年間電気料金も安くなります。

冷暖房運転期間・運転時間
運転期間:暖房期間5.5か月(10月28日~4月14日)169日/冷房期間3.6か月(6月2日~9月21日)112日
運転時間:6:00~24:00の18時間

期間消費電力量は日本工業規格JIS C 9612:2005(ルームエアコンディショナ)「期間エネルギー消費効率算定のための試験及び算出方法」に基づくAPFから算出。

APF(通年エネルギー消費効率)とは

ある一定条件下でエアコンを使用したとき、1年間に必要な冷暖房能力を、1年間でエアコンが消費する電力量(期間消費電力量)で割った数値です。APF数値が大きいほど、省エネ性が高いです。

エアコンを選ぶポイント

  • 室外機の能力が大切

    液体は気体に状態変化(蒸発)するときに周囲の熱を奪い、気体は液体に状態変化(凝縮)するときに周囲に熱を放出します。
    この性質を利用して、室内外機間の冷媒により熱を循環させて冷暖房するしくみがヒートポンプです。またコンプレッサーなどにより、冷媒の圧力を調整することで効率的な冷暖房運転を行います。
  • ヒートポンプのしくみ
  • カタログ記載例

    出典:一般社団法人 日本冷凍空調工業会・機種により値は異なります。

  • 部屋に見合った能力のエアコンを選ぼう!

    「冷えない、暖まらない」ことがないように、より効率よく使うために、部屋の広さや冷・暖房負荷に見合った能力のエアコンを設置することが大切です。
    カタログには、能力に応じて部屋の広さの目安が表示されています。
    家の構造や間取りなど、部屋の条件を考慮して選ぶことが大切なので、販売店によく相談しましょう。
  • 長く使う部屋には、特に省エネ機種がおすすめ

    リビング、寝室、子ども部屋…etc.
    エアコンの使用頻度が高い部屋は、省エネ効果が大きいです。
  • 部屋でくつろぐ写真
  • こんな使い方で、さらに省エネ

  • 家に帰ったらまず窓を開けて
    換気してから冷房を!

    こもった熱気を下げてから効率よく部屋を冷やしましょう。
  • 窓を開けた部屋の写真
  • 室外機の写真
  • 室外機のまわりはきれいに。

    室外機の吹出口に物を置くと、冷暖房の効果が下がります。
  • カーテンが大活躍!

    カーテンは窓から入ってくる外気の熱を防いでくれます。
    また、涼しい室内の空気も逃がしにくくなります。
  • カーテンの写真