一般向け省エネ情報 > 上手な省エネの方法 > 待機時消費電力を減らしましょう。

待機時消費電力を減らしましょう。

夜、照明を消してさあ寝ようというとき、テレビやVTRからかすかな光が出ているのがわかるでしょう。まさに電力が消費されている証拠です。このように機器を使っていないのに消費される電力を「待機時消費電力」といいます。

なぜ待機時消費電力が生じるの?

それは主電源を切らない限り、機器の本体がリモコンからの操作信号をいつ受けてもいいように、指示待ち状態を保っているからです。

リモコン操作の機器ばかりではありません。

パソコン、ファクシミリ、ステレオから石油ファンヒーターや空気清浄機まで、今や私たちの身のまわりは、マイコンやメモリー、時計、液晶表示装置などが内蔵され、コンセントにプラグを差し込んであるだけで電力を消費してしまう電気製品が多くあります。

消費電力の6%を占める待機時消費電力。

家庭で消費する電力のうち、年間6%が待機時消費電力です。待機時消費電力は、見逃せない省エネの大敵です。

コンセントからプラグを抜くだけ。

では、待機時消費電力を減らすにはどうしたら良いでしょう?まず、こまめに主電源を切ることです。また、長期間使わない機器はプラグを抜く習慣をつけましょう。毎回プラグを抜くのが面倒ならば、「スイッチ付タップ」を使ってタップのスイッチを切るようにすれば簡単です。

オートOFF機能や表示OFF機能を使おう。

一定時間使用しないと自動的に電源が切れるオートOFF機能がついた機器も増えています。ビデオデッキなどで設定が無効になってしまうためプラグを抜きたい場合は、表示OFF機能を使えば省エネになります。電気を切った時に、時刻などの表示部分を非表示にする機能です。

その他のインフォメーション

  • 家庭でいちばん電気を消費するものは?
  • かしこい機器選びのポイントは?