太陽光発電の立地制約を克服するための革新的な技術を開発をしたい

太陽光発電の導入可能量拡大等に向けた技術開発事業

  • フェーズ :
  • 設備導入
  • 実証・モデル事業
  • 調査
  • 研究開発・その他
  • 電源 :
  • 太陽光
  • 風力
  • 地熱
  • 中小水力
  • バイオマス
  • 蓄電池
  • その他(再エネ熱、送電線等)
本事業は、発電設備の信頼性・安全確保、資源の再利用化を可能とするリサイクル技術、太陽電池の更なる導入拡大に向けた高効率太陽電池の要素技術等の開発を行います。
  • ■ 対象者
    民間企業、大学等
  • ■ 支援内容
    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの委託、共同研究、補助
    <民間企業等>
    共同研究(NEDO負担率2/3、1/2)
    助成(NEDO負担率1/2)
    <大学等>
    委託(NEDO負担率100%)
  • ■ 対象となる再生可能エネルギー等の種類
    太陽光発電
  • ■ 予算額
    33.0億円
  • ■ 事業年数
    5年間(令和2年度~令和6年度)
  • ■ 利用方法
    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業公募時に必要書類を提出してください。必要書類については、NEDO にお問い合わせください。
  • 問い合わせ先:
    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
    http://www.nedo.go.jp/
    TEL:044-520-5277
    FAX:044-520-5276

TOP