新エネルギーに関する新たな技術を開発したい

新エネルギー等のシーズ発掘・事業化に向けた技術研究開発事業

  • フェーズ :
  • 設備導入
  • 実証・モデル事業
  • 調査
  • 研究開発・その他
  • 電源 :
  • 太陽光
  • 風力
  • 地熱
  • 中小水力
  • バイオマス
  • 蓄電池
  • その他(再エネ熱、送電線等)
新エネ等の導入拡大の障壁となる社会的課題を解決する技術シーズを発掘し、そのシーズを事業化に結びつけるため、研究開発型スタートアップ事業とも連携し、事業化に向けたアドバイザリー支援等の伴走支援を行いつつ、事業フェーズに応じたFS調査、試作機実証、実用化研究開発、事業化実証等を支援する。また、各フェーズ間(実用化研究開発と事業化実証研究開発の間を除く)にステージゲートを設け、テーマの選択と集中を行いつつ次の支援フェーズに事業を導くことにより、継続的な事業支援を展開する。更には、事業化にむけた課題克服のための実証研究開発により事業化を後押しする。
  • ■ 対象者
    中小企業等
    大企業(フェーズDのみ)
  • ■ 支援内容
    ・フェーズA FS調査(助成額1千万円以内(2/3、8/10))
    ・フェーズB 基盤研究(助成額5千万円以内(2/3、8/10))
    ・フェーズC 実用化研究開発(助成額1.5億円以内(2/3以内))
    ・フェーズD 事業化実証研究開発(助成額3億円以内(2/3、1/2))
    ※福島イノベーション・コースト構想の対象地域で実施するものについては、上記上限額をフェーズAは1千5百万円以内、フェーズBは7千5百万円以内、フェーズCは2億円以内
  • ■ 対象となる再生可能エネルギー等の種類
    全て
  • ■ 予算額
    20.8億円
  • ■ 事業年数
    ・フェーズA FS調査(1年間以内)
    ・フェーズB 基盤研究(2年間以内)
    ・フェーズC 実用化研究開発(2年間以内)
    ・フェーズD 大規模実証研究開発(3年間以内)
  • ■ 利用方法
    公募期間中に国立研究開発法 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に申請書を提出して下さい。
  • 問い合わせ先:
    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
    http://www.nedo.go.jp/
    TEL:044-520-5171
    FAX:044-520-5178

TOP