水力発電の有望地点を調査し、事業者を公募したい

水力発電の導入加速化補助金(事業性評価事業)

  • フェーズ :
  • 設備導入
  • 実証・モデル事業
  • 調査
  • 研究開発・その他
  • 電源 :
  • 太陽光
  • 風力
  • 地熱
  • 中小水力
  • バイオマス
  • 蓄電池
  • その他(再エネ熱、送電線等)
地方公共団体による地域の水力発電有望地点の調査・設計等の実施及び当該地点の開発若しくはコンセッション方式によるPFI事業に係る運営を行う発電事業者の公募を行う事業に要する費用を補助します。
  • ■ 対象者
    地方公共団体
  • ■ 支援内容
    補助金額:補助対象経費の10/10以内
    (発電所1地点当たりの調査費(公募用資料作成費含む)に対する補助金の上限額は、2,000万円/年。
    作業道整備費については、調査費とは別に、発電所1地点当たりの上限額を、2,000万円(ただし、15万円/10m(消費税は含まない)に距離(10m以下切り捨て)と補助率をかけた額を上限))
    ※補助対象経費は、水力発電の事業性評価に必要な人件費、外注費及びリース料、作業道整備費等。
    ※固定価格買取制度との併用可
  • ■ 対象となる再生可能エネルギー等の種類
    中小水力発電(20kW以上30,000kW以下)
    ※複数地点での実施可
  • ■ 予算額
    20億円の内数
  • ■ 事業年数
    原則単年度。ただし、単年度で事業完了が困難である事業については、最大3年まで複数年度事業として申請可能。
  • ■ 利用方法
    公募期間内に公募要領記載の申請書一式を原則Jグランツにて提出してください。
  • 問い合わせ先:
    一般財団法人新エネルギー財団(NEF)
    http://www.nef.or.jp/
    TEL:03-6810-0371
    FAX:03-6810-0370

TOP