地域特有の再エネの導入促進に貢献する技術開発・実証を行いたい

CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業

  • フェーズ :
  • 設備導入
  • 実証・モデル事業
  • 調査
  • 研究開発・その他
  • 電源 :
  • 太陽光
  • 風力
  • 地熱
  • 中小水力
  • バイオマス
  • 蓄電池
  • その他(再エネ熱、送電線等)
本事業は規制等将来的な地球温暖化対策の強化につながるCO2排出削減効果の高い技術の開発・実証を強力に進め、CO2排出量の大幅な削減を実現すること、及び、それを通じて第5次環境基本計画に掲げる「地域循環共生圏」の構築と「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」で掲げる早期の脱炭素社会の実現に貢献することを目的としています。
(1)優先テーマ枠(「気候変動×防災」、「気候変動×感染症対策」)
(2)ボトムアップ型分野別技術開発・実証枠
(3)アワード型イノベーション発掘・社会実装加速化枠
  • ■ 対象者
    民間事業者・団体・大学・研究機関等
  • ■ 支援内容
    直接補助事業(1/2)
    委託事業
  • ■ 対象となる再生可能エネルギー等の種類
    太陽光発電、風力発電、バイオマス発電、中小水力発電、地熱発電、太陽熱利用、バイオマス熱利用、
    その他温度差エネルギー利用(地下水熱、下水熱、河川熱、地中熱、雪氷熱等)
  • ■ 予算額
    66億円の内数
  • ■ 事業年数
    (1)、(2)令和4年度まで
    (3)令和5年度まで
  • ■ 利用方法
    環境省の公示、公募に申し込んで下さい。
  • 問い合わせ先:
    環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室
    TEL:0570-028-341
    E-mail:chikyu-jigyo@env.go.jp

TOP