木質バイオマス燃料等の安定的・効率的な供給・利用システムを構築したい

木質バイオマス燃料等安定的・効率的な供給・利用システム構築支援事業

  • フェーズ :
  • 設備導入
  • 実証・モデル事業
  • 調査
  • 研究開発・その他
  • 電源 :
  • 太陽光
  • 風力
  • 地熱
  • 中小水力
  • バイオマス
  • 蓄電池
  • その他(再エネ熱、送電線等)
発電事業としての自立化及び、燃料供給元としての森林の持続可能性確保の両立を目指し、燃料材に適した早成樹・広葉樹等の育林手法等に関する実証を行う。また、燃料(チップ・ペレット等)の製造・輸送に関し、樹種の性状等に合わせたチップ製造技術の開発や生産方式の見直し等に関する実証を行う。
  • ■ 対象者
    民間企業、大学、研究機関等
  • ■ 支援内容
    実証事業:2/3以内
    委託事業:100%
  • ■ 対象となる再生可能エネルギー等の種類
    バイオマス発電
  • ■ 予算額
    12.5億
  • ■ 事業年数
    令和3年度~令和10年度
  • ■ 利用方法
    府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に提案内容等をご登録ください。
    詳細については、各機関にお問い合わせください。
  • 問い合わせ先:
    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
    http://www.nedo.go.jp/
    TEL:044-520-5271

TOP