集合住宅において、再エネ発電設備及び蓄電池を導入したい

集合住宅の省CO2化促進事業

  • フェーズ :
  • 設備導入
  • 実証・モデル事業
  • 調査
  • 研究開発・その他
  • 電源 :
  • 太陽光
  • 風力
  • 地熱
  • 中小水力
  • バイオマス
  • 蓄電池
  • その他(再エネ熱、送電線等)
集合住宅において、高層及び低中層ZEH-Mの交付要件を満たす住宅を新築する者に補助を行う。 また、住宅の断熱リフォームの交付要件を満たし、蓄電池、蓄熱設備を同時に導入する者に補助を行う。(一部対象外)
  • ■ 対象者
    高層及び低中層の新築集合住宅を開発する事業者等
  • ■ 支援内容
    定額、定率1/2
    (設備等については一部定率1/3)
    ※固定価格買取制度との併用可(ただし余剰買取方式に限る。)
  • ■ 対象となる再生可能エネルギー等の種類
    太陽熱利用システム(太陽光発電等の再生可能エネルギーによる発電は補助対象外)、蓄電池等
  • ■ 予算額
    44.5億円
  • ■ 事業年数
    単年度では事業工程上事業完了が不可能な場合に限り、申請内容等を審査の上、複数年度を認める。
    高層:最長4年間
    低中層ZEH-M:最長3年間
  • ■ 利用方法
    執行団体に必要書類を提出して申込んでください。
    必要書類については公募要領をご確認ください。
  • 問い合わせ先:
    【ZEH-M関連事業】
    一般社団法人 環境共創イニシアチブ
    TEL:03-5565-4533
    【断熱リフォーム関連事業】
    公益財団法人 北海道環境財団
    TEL:011-206-1573

TOP