激甚化する災害時において、自立的にエネルギー供給可能となる災害時活動拠点 施設のZEB化に資する再生可能エネルギー設備及び蓄電池を導入したい

レジリエンス強化型ZEB実証事業

  • フェーズ :
  • 設備導入
  • 実証・モデル事業
  • 調査
  • 研究開発・その他
  • 電源 :
  • 太陽光
  • 風力
  • 地熱
  • 中小水力
  • バイオマス
  • 蓄電池
  • その他(再エネ熱、送電線等)
災害対応の観点から、被災時にも必要なエネルギーを供給できる機能を強化した、業務用施設におけるZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)化を支援する。
  • ■ 対象者
    地方公共団体、民間団体等
  • ■ 支援内容
    補助率 2/3、3/5、1/2
  • ■ 対象となる再生可能エネルギー等の種類
    災害時のエネルギー自立化に資する再生可能エネルギー設備及び蓄電池等
  • ■ 予算額
    60億円の内数
  • ■ 事業年数
    原則単年度。ただし、単年度で事業完了が困難であると確認できる事業については、原則最大2年(延べ面積2,000m2以上の場合は3年)まで複数年度事業として申請可能。
  • ■ 利用方法
    補助事業者が行う公募に申し込んでください。
  • 問い合わせ先:
    一般社団法人静岡県環境資源協会
    http://www.siz-kankyou.jp/index.html
    TEL:054-266-4161
    FAX:054-266-4162
    もしくは
    環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室
    0570-028-341

TOP