税制の優遇を受けたい

住宅省エネリフォーム減税(投資型)

  • フェーズ :
  • 設備導入
  • 実証・モデル事業
  • 調査
  • 研究開発・その他
  • 電源 :
  • 太陽光
  • 風力
  • 地熱
  • 中小水力
  • バイオマス
  • 蓄電池
  • その他(再エネ熱、送電線等)
自らが所有し、居住する住宅に対して、ローンの借入れの有無に関わらず一定の省エネ改修工事(同時に設置する太陽光発電設備の設置工事を含む。)を行った場合の税制優遇措置です。
  • ■ 対象者
    個人
  • ■ 支援内容
    標準的な工事費用相当額の10%を25 万円を上限に所得税から控除。但し、太陽光発電設備を設置 する場合は、控除上限額35万円。
    ※一定の要件を満たす窓の省エネ改修工事が必須。
  • ■ 対象となる再生可能エネルギー等の種類
    太陽光発電、再エネ熱(太陽熱利用)、燃料電池
  • ■ 利用方法
    確定申告時に税務署に必要書類を提出してください。
  • 問い合わせ先:
    所轄の税務署

TOP