新エネルギーについて

洋上風力発電設備の設置を目的とする風況、海底地質等のデータ取得のための調査について

平成31年4月26日
平成31年4月29日更新
経済産業省 資源エネルギー庁 新エネルギー課
国土交通省 港湾局 海洋・環境課

「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律」が平成31年4月より施行されました。

現在、同法第8条に基づく、海洋再生可能エネルギー発電設備整備促進区域(以下「促進区域」という。)の指定に向けた検討を行っているところですが、効率的な促進区域の指定の観点からは、国及び事業者が行う風況、海底地質等に関する海域における調査について、その整合性を図り一体的に調査を行うことが重要だと考えています。

このため、今後、事業者が洋上風力発電の設置を目的として風況、海底地質等のデータ取得のために海域において調査する場合は、その調査の内容及び方法等について経済産業大臣及び国土交通大臣に予め十分な時間的余裕をもって届け出るようお願いいたします。

また、都道府県におかれましては、上記の調査について許可等(届出を含む)の申請等の情報を得た場合は、当該許可等に係る情報を共有するようお願いいたします。

詳細は別添のとおりです。

別添

「省エネルギー・新エネルギー」のTOPに戻る