水素利用に向けてのビジョン​

水素・燃料電池戦略ロードマップ(平成28年3月22日改訂版)

※平成31年3月12日に新たなロードマップに改訂。後日更新予定。

経済産業省サイト ニュースリリース
『水素・燃料電池戦略ロードマップを策定しました』別ウインドウが開きます​​。 へ
​​​

「水素基本戦略」で示されたビジョンを受け、水素社会の実現に向けて、
産学官が協力してステップバイステップで取組みを進めるための方針を示したものです。​
下記のとおり3つのフェーズに分けて水素社会の確立を目指します。

フェーズ1:現在~

燃料電池の社会への本格的実装段階と位置づけます。
家庭用燃料電池(エネルギー供給分野)や
燃料電池自動車(運輸分野)の利用
を広げることを目指します。
それぞれの普及目標は以下の通りです。

普及目標 2020 年頃​ 2025 年頃 2030 年頃
家庭用燃料電池(エネファーム) 140 万台 530 万台
燃料電池自動車(FCV) 4万台 20万台 80万台​
水素ステーション 160箇所程度 320カ所程度

フェーズ2:2020年代半ば

水素発電の本格導入/大規模な水素供給システムの確立フェーズと位置づけます。
フェーズ2では、水素需要の更なる拡大と、新たな二次エネルギー構造の確立を目指し、以下の目標を掲げています。

  • 大規模な水素供給システムの確立
    2030年頃 未利用エネルギーから製造した水素を海外から供給する水素サプライチェーン確立を目指します。水素供給コスト目標として、2020 年代後半に30 円/Nm3程度(※プラント引き渡し価格)での水素の供給を目指します。
  • 水素発電の本格導入
    2030年頃に発電事業用水素発電の本格導入開始を目指します。
    30円/Nm3の水素がプラントに引き渡しされるもとで、発電コストとしては17円/kWhを下回ることを目指します。

フェーズ3:2040年頃

CO2フリー水素供給システムの確立段階と位置づけます。
安価で安定的に、かつ低環境負荷で水素を製造する技術(再生可能エネルギー由来水素製造やCCS)を組み合わせ、トータルでのCO2フリー水素供給システムの確立を目指します。

補助金制度の概要

現在実施中の定置用燃料電池、FCV、水素インフラを対象とした支援制度について、
その概要について下記のリンクをご参照ください。

家庭用燃料電池システム導入支援事業

これから家庭用燃料電池システム「エネファーム」を住宅等に導入することを予定している方、またはリース等により提供を行う方は、その購入費用の一部を支援する国からの補助金制度の利用がいただけます。

業務・産業用燃料電池システム導入支援事業

平成29年度から業務・産業用燃料電池システムも補助対象に加えられました。

クリーンエネルギー自動車等導入費補助金

燃料電池自動車はCEV(クリーンエネルギー自動車)であり、購入すると国から補助金が交付されます。

燃料電池自動車用水素供給設備整備事業

燃料電池自動車等に燃料として水素を供給するために必要な設備については、設備費用の一部と需要創出活動費用の一部に補助が受けられます。

水素の国際連携に向けた取組​​

水素社会に向けた国際的な取り組み​
-水素閣僚会議-

現在世界各国で、水素エネルギーの利活用に向けた取り組みが活発に進められています。​
世界的に水素エネルギーへの注目が高まる中、2018年10月23日に「水素閣僚会議(Hydrogen Energy Ministerial Meeting、HEM)」が東京で開催されました。​

経済産業省サイト ニュースリリース『「水素閣僚会議」を開催しました』別ウインドウが開きます​​。 へ

これは各国の閣僚レベルが「水素社会の実現」をメインテーマとして議論する会議としては、世界で初めてのものです。​水素閣僚会議の成果は、議長を務めた世耕経済産業大臣から、「東京宣言(Tokyo Statement)」という議長声明として発表されました。​

「東京宣言」では、各国の協力が重要と確認された項目として、以下の4つが挙げられています。​

  1. 水素供給コストおよび燃料電池自動車(FCV)などの製品価格の低減加速化に向けた技術のコラボレーション、基準や規制の標準化やハーモナイゼーションの必要性​
  2. 水素ステーションや水素貯蔵に関する水素の安全性の確保や、さまざまな地域特性に応じたサプライチェーンの構築など、水素利活用の増大に向けて、各国が連携して取り組んでいくべき研究開発の推進​
  3. 水素社会実現に向けた認識を醸成・共有することに役立つ、水素の可能性や経済効果およびCO2削減効果に関する調査・評価の意義​
  4. 水素ビジネスの投資拡大などにつながる、社会受容性向上のための教育や広報活動の重要性​

経済産業省サイト『東京宣言』(PDF 別ウインドウが開きます​​。) へ​​​

水素閣僚会議の写真