水素とは?

宇宙で最も軽く、最もたくさん存在する物質

水素は原子番号1の元素。元素記号はH。​
一般に「水素」と呼ぶときは、水素ガス(H2)を指すことが多いです。

​

水素ガスの重さは空気の約14分の1と大変軽く、​大気中ではすぐに拡散するという性質を持ちます。​
宇宙空間では星間ガスとして多量に漂っており、​その総量は宇宙の質量の約70%を占めるとも言われています。​

いろいろな物からつくれる物質

水に電圧をかけると陽極側に酸素(O2)が陰極側に水素(H2)が発生します。​
このように身近な物質から簡単に得ることができるのが水素の大きな特徴です。

​

水素は、その名の通り「水の素」であり、
​水(H2O)に代表されるように他の元素と結びつき、​
あらゆる種類の化合物として地球上にも豊富に存在します。

石油や石炭などの化石資源、食品廃棄物や下水汚泥などの
​バイオマスの中にも含まれるため、
水素を得る手段と原料は多岐にわたります。

水素を得る手段と原料の例に、石炭、風力、バイオマス、太陽光、水力などがあるという図です。

水素エネルギーとは?​

利用時にCO2を出さないエネルギー

例えば石炭や石油、天然ガスなどの化石燃料は燃焼させると​二酸化炭素(CO2)を発生しますが、
水素は燃焼させてもCO2は全く発生しません。​
この“CO2発生量がゼロ“であることこそが水素の大きな特長です。

化石燃料を燃焼させると二酸化炭素を発生しますが、水素は燃焼させても発生量がゼロであることを表した図です。

水素は二次エネルギーであり、熱や電気として利用することが可能です。​エネルギー効率は高く、液化したH2はロケットの燃料としても利用されます。​​

水素は、車やロケットの燃料としても利用できるという図です。​

燃料電池とは?​

水素と酸素から電気をつくる装置

燃料電池とは燃料である水素と酸化剤を外部から供給しつつ反応させて電気を取り出すタイプの電池です。燃料電池の用途は幅広く、​燃料電池自動車から家庭用の燃料電池、また、​移動体用途としては、バス、船等があります。

燃料電池とは燃料である水素と酸化剤を外部から供給しつつ反応させて電気を取り出すタイプの電池です。

水素は安全?​

正しく管理することで安全に利用可能!

水素は都市ガスなどと同様、正しく管理すれば安全なエネルギーです。​
さまざまな研究を元に「(1)漏らさない」万が一漏れた場合に備え、「(2)検知する」、
​「(3)漏れてしまった水素を溜めない」の3段階の対策が
あらゆる設備・施設の​設計プロセスに組み込まれています。​