今冬やるべき節電

【知らなかった!】インテリア&家電コーディネーター戸井田園子さんに教わる 家電使いをマスターして、賢く冬の節電生活

  • 1.ニーズが高まる”冬の節電”
  • 2.暖房器具の効率的な使い方をマスターする
  • 3.まだある、冬の節電の工夫

3.まだある、冬の節電の工夫

これまでは冬のメイン暖房について説明をしてきました。ほかにも、サブ暖房や冬ならではの節電アイテムについてご紹介します。

サブ暖房 特長をしっかり把握して、正しい使い方を

サブ暖房の定番といえば、ホットカーペットとこたつ。「エアコンより節電効果が高そう」と思って使っている人が多いのですが、基本的にこのふたつはあくまでもサブ暖房。直に触れている部分しか暖めることができません。

① 電気代の高さに要注意のホットカーペット

ホットカーペットは足元が冷えがちなエアコンのサブ暖房としては、安全で使いやすい暖房です。床暖房の簡易版というイメージがあるかもしれませんが、それは大きな誤解。エアコンや床暖房は部屋全体を暖めますが、ホットカーペットは身体の触れている部分だけを暖めます。

実はホットカーペットの消費電力は家庭で使う電化製品の中でも、最も高い部類に入ります。ものによっては1500Wもあり、これはドライヤーと同じレベル。1日ホットカーペットをつけているということは、ドライヤーをハイパワーでつけっぱなしにしているのと同じということです。電気代が高い暖房器具なので、人がいる部分だけ暖める省エネモードやタイマーを上手に取り入れて、意識的に節電を心がけましょう。

② その他の暖房器具・こたつ、あんかなど

こたつは、日本に昔からある暖房で、テーブルとして使うこともできます。中に入っている身体の部分は非常に暖かくなりますが、外に出ている部分を暖めることはできないので、ほかの暖房器具と組み合わせて使うのがいいでしょう。ほかに、身体の一部分だけを暖める小物家電としては、あんかやカイロ、ひざかけ、電気毛布などもあります。あんかやカイロは充電式も人気です。

加湿器 湿度が10%上がると体感温度は1℃上がる

寒さ対策では温度にばかり気を取られがちですが、快適な暖かさをキープするには湿度も大きく関係しています。湿度が10%上がれば、体感温度が1℃上がるといわれています。つまり、同じ温度であれば、湿度が高い方が暖かく感じるわけで、湿度が高いほど暖房の設定温度は低くても暖かいということです。

エアコンは乾燥するから苦手という人は多いですが、暖房効果を高めるためにも加湿器を使うのはオススメ。加湿機能が搭載されているエアコンやファンヒーターもありますが、そういった機能がついていなければ、加湿器が1台あるといいでしょう。

加湿器の主流は消費電力1~2Wで省エネ効果の高い気化式。60%程度に設定した自動運転で1日中つけっぱなしでも、さほどさほど電気代がかからないので安心です。ただし、加湿のしすぎは、結露やカビの原因に。部屋の中に温湿計をセットして、わが家の快適な温度と湿度をデータとしてきちんと把握しておくことも節電の近道です。

LED 節電効果&低価格化が進んだシーリングライトは買いどき

日が落ちるのが早くなる冬場は、夕方から照明をつけることも多くなります。照明は家庭の中でも2番目に消費電力が高いので、LEDへの買い替えは節電効果も高くなります。

リビングなど長時間過ごす部屋ほど、買い替え効果が高いので、天井直付けのシーリングライトをLEDに変えるのもいいでしょう。数年前まで10万円前後だったLEDのシーリングライトが今シーズンは1~2万円台で登場しています。今まで値段の高さがネックで買い替えに踏み切れなかったという人には、チャンスといえそうです。ただし、シーリングライトをLEDにするときは、電球だけでなく、照明器具を丸ごと交換することになるので、その点だけ注意が必要です。

電球型の白熱灯を使っている場所は、早目にLEDに切り替えるのが賢い選択です。電球型LEDは1000円程度で購入でき、消費電力を1/6に削減できます。

温水暖房便座 人感センサー&学習タイプの最新式は節電効果大

一度設置するとなかなか買い替えのチャンスがなく、10~20年前のものを使っているという人も多い温水暖房便座。特に5~15年前のものは温めたお湯を保温しておく貯湯式が主流だったので、その分電気代がかかります。最近の温水暖房便座は人感センサーや学習能力が発達していて、使うときだけ瞬間的に便座やお湯を温めることができるのが特長です。

古いタイプの便座の場合は、使わない時はふたを閉める、温度設定は低めに、寝る前はスイッチを切るなどを徹底することで節電ができます。暖房の代わりに、繰り返し洗って使える便座シートを使う方法もありますが、衛生面やデザイン性が気になるようであれば、木製便座に付け替える選択も。1~2.5万円くらいで購入でき、おしゃれな見た目と木のほんのりした温かさが快適です。

その他の工夫 窓辺の冷気をシャットアウト&消費電力を書いた付箋で「見える化」

暖房器具の使い方以外にも、暖房効率をアップする工夫があります。
冷気は窓際など建物の壁の薄い部分から伝わってくるもの。この冷気を上手にシャットアウトすることで、暖房で暖めた空気を冷やさないようにできます。窓には床まで、もしくは窓下より長い厚手のカーテンを引くのが、すぐできる簡単な方法です。布より断熱効果の高いブラインドを取り付けるのもいいでしょう。

もうひとつ、最初のページでもお伝えした通り、家にあるさまざまな電化製品の消費電力を知っておくことは、節電感覚を身につけるのにとても役立ちます。その器具のW数が覚えられるように、付箋などに書いてペタリと貼っておくのはどうでしょう。スイッチを入れるときに、自分がどれくらいの電力を消費するのか自覚できる効果があります。また、家族全員が消費電力の情報を共有できるという点でも、ぜひこの方法は取り入れてみてください。

  • 1.ニーズが高まる”冬の節電
  • 2.暖房器具の効率的な使い方をマスターする
  • 3.まだある、冬の節電の工夫

< INDEXへ戻る