輝く地球、脱炭素化への挑戦

「持続可能な社会を目指す 将来のエネルギーを考えるシンポジウム in 京都」~地球温暖化・脱炭素化への挑戦~

経済産業省資源エネルギー庁では、平成30年7月に新しい「エネルギー基本計画」が閣議決定され、2030年に向けた基本的な方針と政策対応、2050年に向けたエネルギー転換・脱炭素化への挑戦を盛り込んだ計画が取りまとめられたことについて、日本におけるエネルギーの現状や将来の姿について、さまざまな地域の住民の方々を対象に、ご理解を深めていただくために、シンポジウムを開催いたします。

日時
令和2年2月25日(火)16:00~19:00(開場15:15)
場所
メルパルク京都(京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番地13)
対象
一般市民等
定員
240名 ※定員になり次第締切
参加費
無料
主催
経済産業省・資源エネルギー庁
後援
公益社団法人関西経済連合会、京都府商工会議所連合会、京都府商工会連合会、一般社団法人京都経済同友会
シンポジウム内容
(1)開会
(2)基調講演:「空を見よう」
(2)基調講演:「天達が見た気候変動と地球の未来」
  • 天達 武史 氏(気象予報士)
(3)パネルディスカッション:「脱炭素化に向けて~エネルギーの未来~」
  • 高木 敏行 氏(東北大学教授流体科学研究所、日本保全学会会長)
  • 秋元 圭吾 氏((公財)地球環境産業技術研究機構主席研究員)
  • 酒井 ゆきえ 氏(フリーアナウンサー、国土交通省運輸審議会運輸安全確保部会専門委員)
  • 覚道 崇文 氏(経済産業省資源エネルギー庁資源エネルギー政策統括調整官)
  • コーデイネーター 伊藤 聡子 氏(フリーキャスター、事業創造大学院大学客員教授)

申し込み方法等、詳細はこちらをご覧ください。

お問合せ先

エネルギーミックスシンポジウム事務局
E-mail:enemix@dengen.or.jp(平日)10:00~17:00

「シンポジウム等」TOPに戻る