ガス事業制度について

ガスの原料費調整制度について

原料費調整制度とは、事業者の効率化努力を透明化するとともに、経済情勢を迅速に料金に反映させるため、原料費の変動に応じて料金が変化する制度です。

  • ・原料の貿易統計価格の3ヶ月平均値に基づき、原則として料金を毎月調整します。
  • ・原料価格の大幅な上昇時の需要家に対する影響を緩和するために、自動的に調整される幅に一定の上限を設定し、 原料費が高騰しても、需要家料金への反映には一定の抑制をします。

詳細はこちら(PDF形式:277KB)

「ガス事業制度について」のTOPに戻る