2018年度冬季の電力需給対策にご協力いただきありがとうございました

平成31年3月29日

2018年度冬季の北海道エリアにおける電力需給に関しては、節電へのご理解・ご協力等により、安定供給上必要とされる予備率を常時確保することができました。

節電へのご理解・ご協力をいただき、ありがとうございました(今冬の節電要請期間は3月末で終了します)。

1.概要

昨年11月8日に開催された総合資源エネルギー調査会電力・ガス事業分科会電力・ガス基本政策小委員会において、2018年度冬季の電力需給見通し及び対策が取りまとめられ、北海道エリアにおいては、「無理のない範囲での節電(数値目標なし節電要請)」のお願いをさせていただくこととなりました。

2018年度冬季の北海道エリアにおける電力需給に関しては、北海道民の皆様や事業者の皆様による節電へのご理解・ご協力等により、安定供給上必要とされる予備率(※)を常時確保することができました。改めて節電へのご理解・ご協力にお礼申し上げます。

なお、2018年度冬季の電力需給の実績に関しては、今後、国の審議会等の場で振り返りを行う予定です。

※ 安定供給上、予備率は最低限3%必要とされています。

2.参考

経済産業省のページを別ウィンドウで開く2018年度冬季の電力需給に係る対応を取りまとめました

お問合せ先

資源エネルギー庁 電力・ガス事業部
電力基盤整備課 電力供給室長 鍋島
担当者:平田、野崎
電話:03-3501-1511(内線 4761)、03-3501-1749(直通)

「電力需給対策」TOPに戻る