令和3年度「AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業費補助金補助金(内航船の運航効率化実証事業)」に係る補助事業者の公募の結果について

令和3年3月4日
経済産業省 資源エネルギー庁
省エネルギー・新エネルギー部
省エネルギー課

国土交通省海事局
海洋・環境政策課

令和3年度「AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業費補助金(内航船の運航効率化実証事業)」に係る補助事業者について、令和3年1月22日から2月19日まで公募を行い、応募のあった提案について、第三者で構成される審査委員会による厳正な審査を行った結果、次のとおり補助事業者を決定しましたのでお知らせいたします。

事業者 向島ドック株式会社(法人番号:4240001038631)
事業名 次世代内航貨物船による省エネ実証事業
補助金額 255,500,000円(補助率1/2)
(※令和3年度のみの補助額。事業実施期間は3ヵ年を予定。)
事業の特徴 従来のディーゼルエンジンに代えて、リチウムイオン電池搭載型電気推進システムを採用することにより、流水抵抗の少ない最適な船型とし、運行時に充放電を行いながら、最適な効率で発電原動機を稼働させることによって、省エネルギーな運航を可能とする次世代内航貨物船を開発し、その効果を実証する。
省エネ率 ▲6.1%の省エネ効果を見込む

公募結果に係るお問合せ先

経済産業省

資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 省エネルギー課
担当:鈴木、浅沼
電話:03-3501-9726

事業内容に係るお問合せ先

国土交通省

国土交通省 海事局 海洋・環境政策課
担当:田中、北澤
電話:03-5253-8636

最終更新日:2021年3月5日