令和3年度「放射性廃棄物の減容化に向けたガラス固化技術の基盤研究事業(使用済MOX燃料処理技術の基盤整備)」に係る企画競争について

令和3年5月26日
経済産業省 資源エネルギー庁
電力・ガス事業部
原子力立地・核燃料サイクル産業課

公募概要

令和3年度「放射性廃棄物の減容化に向けたガラス固化技術の基盤研究事業(使用済MOX燃料処理技術の基盤整備)」を実施する委託先を、以下の要領で広く募集します。

事業内容

本事業では、再処理工程における軽水炉使用済MOX燃料の処理性能や安全性への具体的な影響を調査するとともに、それらへの対策を図るための基盤技術の開発を実施します。具体的には以下の通りです。

(1)使用済燃料の処理に係るシナリオ検討及び各工程への影響評価
(2)使用済MOX燃料の溶解挙動評価及び不溶解残渣中のプルトニウム回収技術の開発
(詳細は公募要領の「2.事業内容」を参照。)

対象者

公募要領で定める条件を満たす者。

公募期間

令和3年5月26日(水)~令和3年6月25日(金)

応募書類の提出先・お問合せ先

〒100-8931 東京都千代田区霞が関1-3-1
経済産業省 資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 原子力立地・核燃料サイクル産業課
担当:高野、先崎
(詳細は公募要領の「12.お問合せ先」を参照。)

配布資料

最終更新日:2021年5月26日