調達・お問合せ

原子力人材育成プログラムに係る処分予定財産需要調査の結果について

令和元年7月11日
(令和元年8月5日 一部修正)
電力・ガス事業部
原子力政策課

1.概要

原子力人材育成プログラムに係る取得財産の処分に当たって、公募による需要調査を実施した。(調査期間:令和元年5月9日~令和元年5月24日)

同調査の結果、保全工学基礎実験装置、水ポンプ、ポンプ・バルブ・熱交換器カットモデル、配管減肉基礎試験装置、スナッバー作動原理モデル、PWRプラントカットモデル、ABWR発電プラントカットモデルについては貸付希望者が1者しか存在しないことを確認した。

バーチャル原子炉シュミレータについては、原子力人材育成プログラムに係る処分予定財産需要調査一覧に誤って記載していたため、調査対象から除外することとした。(8月5日 修正)

2.取得財産の処分について

保全工学基礎実験装置、水ポンプ、ポンプ・バルブ・熱交換器カットモデル、配管減肉基礎試験装置、スナッバー作動原理モデル、PWRプラントカットモデル、ABWR発電プラントカットモデルについては国立大学法人東京工業大学へ貸付することとする。(8月5日 上記修正にともない一部削除)

お問合せ先

電力・ガス事業部 原子力政策課 菊池
電話:03-3501-1991
FAX:03-3580-8447

「委託事業で取得した資産の需要調査について」のページに戻る