調達・お問合せ

メタンハイドレート開発促進事業に係る処分予定財産需要調査一覧

平成30年11月19日
資源・燃料部
石油・天然ガス課

※この表は左右にスクロールできます。

区分 財産名 規格 数量 取得年月日 保管場所 備考
(イ) 再構成試料製造装置 1 H15.03.31 清水建設株式会社技術研究所市川分室
千葉県市川市塩浜3-17-4
継続使用:否
(イ) 恒温室 1 H15.03.31 清水建設株式会社技術研究所市川分室
千葉県市川市塩浜3-17-4
継続使用:否
(イ) 大型モニタリング装置 K-Lander30 1 H27.12.04 海洋エンジニアリング株式会社清水倉庫
静岡県静岡市清水区半左衛門新田100-1
継続使用:否
(イ) ウエルコントロールパッケージ 試験システムプレッシャーライザー用
WCP
2 H29.02.16 日本通運株式会社式会社蒲郡支店
愛知県蒲郡市浜町73-6
継続使用:可
(イ) エマージェンシーディスコネクトパッケージ 試験システムプレッシャーライザー用
EDP
1 H29.02.16 日本通運株式会社蒲郡支店
愛知県蒲郡市浜町73-6
継続使用:可

※「エマージェンシーディスコネクトパッケージ」、「EDP用制御ユニット」、「EDP用分配器」は、組み合わさった状態で存在

(イ) EDP用制御ユニット valvePack 8 functions 1 H29.02.16 日本通運株式会社蒲郡支店
愛知県蒲郡市浜町73-6
継続使用:可

※「エマージェンシーディスコネクトパッケージ」、「EDP用制御ユニット」、「EDP用分配器」は、組み合わさった状態で存在

(イ) EDP用分配器
(制御ユニット⇔アンビリカル)
subseaGateway 1 H29.02.16 日本通運株式会社蒲郡支店
愛知県蒲郡市浜町73-6
継続使用:可

※「エマージェンシーディスコネクトパッケージ」、「EDP用制御ユニット」、「EDP用分配器」は、組み合わさった状態で存在

参考

再構成試料製造装置

恒温室

大型モニタリング装置(構成部品)

ウェルコントロールパッケージ

「エマージェンシーディスコネクトパッケージ」+「EDP用制御ユニット」+「EDP用分配器」

  1. 区分は、(ア)事務用備品、(イ)事業用備品、(ウ)書籍、資料、図面類、(エ)無体財産権(産業財産権等)、(オ)その他の物件(不動産及びその従物)とする。
  2. 規格は、型式などその財産のスペック等の参考になるものを記載している。
  3. 保管場所は、現在の財産の保管場所を記載している。
  4. 備考は、財産の状態(継続使用の可否・傷の有無・特記すべき事項)を記載している。
  5. 参考には、処分予定財産の画像を掲載している。
  6. 提出先

    郵送又はE-mailにてご提出願います。

    • 【提出先】〒100-8931

      〒100-8931 東京都千代田区霞が関1-3-1
      資源エネルギー庁 資源・燃料部 石油・天然ガス課 信末宛て

    • 【提出期限】平成30年12月5日18時00分必着のこと
    • 【電話】03-3501-1817
    • 【E-mail】methane-hydrate@meti.go.jp

「委託事業で取得した資産の需要調査について」のページに戻る