調達・お問合せ

平成28年度管理型処分技術調査等事業(原子力発電所等金属廃棄物利用技術開発)に係る処分予定財産需要調査一覧

平成29年10月10日
資源エネルギー庁
電力・ガス事業部
放射性廃棄物対策課

※この表は左右にスクロールできます。

区分 財産名 規格 数量 取得年月日 保管場所 備考
(イ) クリアランス金属 1式 H28.6.30 北海道室蘭市茶津町四番地
株式会社日本製鋼所室蘭製作所 スクラップヤード内
  • 継続使用:不可
  • 傷:有
  • 特記事項:
    • クリアランス金属60.152トン、添加した合金鉱28.366トン
    • 当該財産はクリアランス金属に該当(注)
    • 現状はスクラップ金属
    • 実証試験に利用した際、合金鉱を添加
    • 材質はJIS G5102 SCW550相当
    • 化学成分として、ヒ素を0.040wt%含有

(注)クリアランスとは、原子炉等規制法において、原子力発電所等の解体や運転によって発生する大量の金属やコンクリート等に含まれる放射性物質の放射能濃度が、放射線による障害の防止のための措置を必要としないものに対して、放射性物質として扱わない措置を指す。現状では、クリアランス物の再利用は原子力関連事業所等で限定的に取り扱われており、一般流通が社会的に容認されている状況ではない。なお、当該財産の放射能濃度測定結果等の仕様については、以下の報告書を参照されたい。
平成28年度報告書(PDF形式:14,598KB)

  1. 区分は、(ア)事務用備品、(イ)事業用備品、(ウ)書籍、資料、図面類、(エ)無体財産権(産業財産権等)、(オ)その他の物件(不動産及びその従物)とする。
  2. 規格は、型式などその財産のスペック等の参考になるものを記載している。
  3. 保管場所は、現在の財産の保管場所及び住所を記載している。
  4. 備考は、財産の状態(継続使用の可否・傷の有無・特記すべき事項)を記載している。
  5. 提出先

    郵送又はE-mailにてご提出願います。

    • 【提出先】〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1

      資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 放射性廃棄物対策課 江橋 宛て

    • 【提出期限】平成29年10月20日(金)17時00分必着のこと
    • 【電話】03-3501-1992
    • 【E-mail】ebashi-takeshi@meti.go.jp

「委託事業で取得した資産の需要調査について」のページに戻る