みんなで考えよう、
エネルギーのこれから。

ー バランス供給は、日本のエネルギーの解決策 ー

完璧なエネルギーって、
なんでないの?

日本の1年間の消費電力量は
約1兆kWh。ピンとこないですよね。
もしも日本人みんなが、
1年間毎日休まず4時間自転車を
漕いで発電したとしても・・・・

なんと、日本の電力消費量の
およそ2日分にしかなりません。
普段、気がつきませんが、
私たちはそんな膨大なエネルギーを
毎日消費しているのです。
そんなエネルギーについて、
よくあるギモンから考えてみませんか?

  • No.
    01
    電気代やガス代、ガソリン代は
    どうして高くなっているの?

    答え:日本はエネルギーの9割を海外に頼っているからです。

    毎日使う電気(火力発電)・ガス・ガソリン。その原料となる石油や天然ガスは、日本国内ではほとんど取れません。ロシアのウクライナ侵攻などの影響で、世界中で燃料価格が高騰し続けているため、外国から輸入するコストが上がり、電気代・ガス代・ガソリン代はさらに上がる恐れもあります。国の支援がなければ、ガソリンは1リットル200円を超えていた、というのが実際なのです。

    日本が抱えている
    エネルギー問題
    火力発電 燃料油価格激変緩和対策 電気・ガス価格
    激変緩和対策事業
  • No.
    02
    全部、太陽光や風力で発電したら
    どうなるの?

    答え:太陽光や風力の発電はお天気任せなので、いつでも電気を使えるよう、他の電源のサポートが必要です。

    太陽光や風力の発電量は、曇りの日や風が弱くなる季節など、日々の天気で大きく変化します。寒い冬、暑い夏。安定して電力を供給するには、火力や原子力など他の電源や蓄電池のサポートが必要になります。2050年度のカーボンニュートラルという目標に向けて、こうした太陽光や風力の弱点をサポートできる電源と組み合わせながら、上手に使っていくことが必要です。

    再エネ全般 太陽光発電 風力発電

    カーボンニュートラルってなんですか?

  • No.
    03
    原子力発電所の安全性は大丈夫?

    答え:世界で最も厳しい水準の安全基準に基づき、審査が行われています。

    原子力発電所の再稼働については、原子力規制委員会が科学的・技術的に審査し、世界で最も厳しい水準の新規制基準に適合すると認めたもののみ、その判断を尊重し、地元の理解を得ながら進めていくこととなっています。そのため電気事業者は、安全性向上に向けた大規模な投資や、更なる安全設備の追加を実施しています。原子力は安定供給に優れており、石油や天然ガスに比べると海外の影響を受けにくく、運転時にCO2を排出しない電源でもあります。

    原子力発電1 原子力発電2
エネルギーの現状と課題が3分でわかる 資源エネルギー庁スペシャルコンテンツ(スペコン)の記事はこちらエネルギーの現状と課題が3分でわかる 資源エネルギー庁スペシャルコンテンツ(スペコン)の記事はこちら

最近よく聞く節電って
実際何をすればいいの?

節電は日々の電気代の節約だけでなく、
日本全体にとっても
メリットのある取組です。
ご家庭や職場で簡単にできる節電を
以下のサイトでわかりやすく紹介中!
できることから始めてみては
いかがですか?

みんなが電気を多く使う時間帯を
うまく避けるなど、
私たちが賢く電気を使うことで、
電力の供給量と需要量を調整する技術、
「ディマンド・リスポンス(DR)」
にも注目です。
DRの一つとして、
現在資源エネルギー庁では、
「節電プログラム」への登録や
実践を後押ししています。

S+3E

S+3Eとは?

安全性(Safety)を大前提に、
自給率(Energy Security)、
経済効率性(Economic Efficiency)、
環境適合(Environment)の
同時達成を目指す日本のエネルギー政策の
基本方針のことです。

エネルギー基本計画 S+3Eをさらに詳しく
  • 考えよう、エネルギーの未来
    「安定供給」

  • 考えよう、エネルギーの未来
    「経済効率性」

  • 考えよう、エネルギーの未来
    「環境適合」