日本のエネルギー 2021年度版 「エネルギーの今を知る10の質問」

3.環境

地球温暖化対策 ~カーボンニュートラル~

Qカーボンニュートラルとは何ですか?

A「温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」ことです。

  • 「温室効果ガス」は、CO2だけでなく、メタンなど温室効果を持つ全ての気体を指す。
  • 「排出を全体としてゼロにする」とは、排出量から吸収量を差し引いた、合計がゼロとなる(ネットゼロ、実質ゼロと同じ)

日本の温室効果ガス排出量(2019年度)

日本の温室効果ガス排出量(2019年度)

CO2以外の温室効果ガスはCO2換算した数値
出典:
GIO「日本の温室効果ガス排出量データ」より作成

カーボンニュートラルを表明した国・地域

カーボンニュートラルを表明した国・地域

  • 2050年までのカーボンニュートラル(CN)に向けて取り組む国・地域※1):144
  • これらの国における世界全体のCO2排出量に占める割合は42.2%(2018年実績※2)
  • 加えて、中国(28.4%)、ロシア(4.7%)、インドネシア( 1 . 6 % )、サウジアラビア(1.5%)等は2060年まで、インド(6.9%)等は2070年までのCNを表明するなど、カーボンニュートラル目標を設定する動きが拡大。(これらの国における世界全体のCO2排出量に占める割合:88.2%)
※1 
【1】Climate Ambition Allianceへの参加国、【2】国連への長期戦略の提出による2050年CN表明国、2021年4月の気候サミット・COP26等における2050年CN表明国等をカウントし、経済産業省作成(2021年11月9日時点)
※2 
CO2排出量は、IEA (2020), CO2 Emissions from Fuel Combustion を基にカウントし、エネルギー起源CO2のみ対象。

カーボンニュートラルへの転換イメージ

カーボンニュートラルへの転換イメージ

数値はエネルギー起源CO2
DACCS (direct air capture with carbon storage):
大気中にすでに存在するCO2を直接回収して貯留する技術

温室効果ガス排出量

Q日本は温室効果ガスをどれくらい排出していますか?

A東日本大震災以降、温室効果ガス排出量は増加しましたが、2019年度は12.1億トンまで減少しました。今後も、削減に向けた努力を続ける必要があります。

日本の温室効果ガス排出量の推移

日本の温室効果ガス排出量の推移

出典:
総合エネルギー統計、日本の温室効果ガス排出量の算定結果(環境省)を基に作成
温室効果ガス:
CO2、メタン、一酸化二窒素、ハイドロフルオロカーボン類、パーフルオロカーボン類、六フッ化硫黄の6種類。

コラム - 世界のCO2排出量

世界のCO2排出量推移

世界のCO2排出量の推移

出典:
IEA「Energy related CO2 emissions 1990-2019」より作成
(備考)
「先進国」は、オーストラリア・カナダ・チリ・EU・アイスランド・イスラエル・日本・韓国・メキシコ・ノルウェー・ニュージーランド・スイス・トルコ・米国を指す

2018年 世界のCO2排出量335億トン

2018年 世界のCO2排出量335億トン

出典:
IEA「CO2 Emissions from Fuel Combustion Highlights 2020」
エネルギー起源CO2のみ
(排出量)単位:億トンCO2
EU15カ国は、COP3(京都会議)開催時点での加盟国である。
四捨五入のため、各国の排出量の合計は世界の総排出量と一致しないことがある。

カーボンニュートラルに向けた産業政策“グリーン成長戦略”とは?

カーボンニュートラルに向けた産業政策“グリーン成長戦略”とは? - こちらのQRコードで記事がご覧頂けます。

今、温暖化への対応を“経済成長の制約やコスト”と考える時代は終わり、“成長の機会”ととらえる時代になりつつあります。
脱炭素化は、産業政策の観点からも、重要な政策テーマとなりました。

「エネルギーの今を知る10の質問」一覧ページに戻る