日本のエネルギー 2021年度版 「エネルギーの今を知る10の質問」

2.経済性

電気料金の変化

Q電気料金はどうなっていますか?

A東日本大震災以降、電気料金は上がっています。原油価格の下落などにより2014~2016年度は低下しましたが、再び上昇傾向です。

電気料金平均単価の推移

電気料金平均単価の推移

出典:
発受電月報、各電力会社決算資料を基に作成
原油CIF価格:
輸入額に輸送料、保険料等を加えた貿易取引の価格

要因 1:燃料価格

燃料価格が、電気料金やエネルギーコストに影響します。

過去の原油価格下落局面と現在の状況

過去の原油価格下落局面と現在の状況

出典:
CME日経、財務省貿易統計を基に作成

要因2:再エネのコスト

2012年の固定価格買取制度の導入以降、再エネの設備容量は急速に伸びています。一方、買取費用は3.8兆円に達し、一般的な家庭での平均モデル負担額(月260kWh)で賦課金負担は873円/月にのぼっています。再エネの最大限の導入と国民負担の抑制の両立を図るべく、コスト効率的な導入拡大を進めています。

再エネの設備容量の推移(大規模水力は除く)

再エネの設備容量の推移(大規模水力は除く)

出典:
JPEA出荷統計、NEDOの風力発電設備実績統計、包蔵水力調査、地熱発電の現状と動向、RPS制度・固定価格買取制度認定実績などにより資源エネルギー庁作成

固定価格買取制度導入後の賦課金(ふかきん)の推移

固定価格買取制度導入後の賦課金(ふかきん)の推移

固定価格買取制度:
再エネで発電した電気を、電力会社が固定価格で一定期間買い取る制度。このため再エネの買取費用は、電力会社が利用者から賦課金という形で回収している。

電気料金の国際比較

日本の電気料金は、家庭用、産業用ともに高い水準となっていましたが、各国での課税・再エネ導入促進政策の負担増で格差は縮小してきています。

電気事業の効率的な運営と、電気料金の低下に向けた努力を怠ってはなりませんが、その際には我が国固有の事情、すなわち、燃料・原料の大部分を輸入に依存しておりその安定供給が不可欠なこと等、供給面での課題に配慮する必要があります。

電気料金の国際比較(2019年)

電気料金の国際比較(2019年)

出典:
IEA「Energy Prices and Taxes for OECD Countries 2020」を基に作成
(注)
米国は本体価格と税額の内訳不明。

「エネルギーの今を知る10の質問」一覧ページに戻る