日本のエネルギー 2019年度版 「エネルギーの今を知る10の質問」

1.安定供給

エネルギー自給率の推移

Q日本は、国内の資源でどのくらいエネルギーを自給できていますか?

A2017年の日本の自給率は9.6%で、他のOECD諸国と比べても低い水準です。

主要国の一次エネルギー自給率比較(2017年)

主要国の一次エネルギー自給率比較(2017年)

出典:
IEA「World Energy Balances 2018」の2017年推計値、日本のみ資源エネルギー庁「総合エネルギー統計」の2017年度確報値。※表内の順位はOECD35カ国中の順位

我が国のエネルギー自給率

我が国のエネルギー自給率

一次エネルギー:
石油、天然ガス、石炭、原子力、太陽光、風力などのエネルギーのもともとの形態
エネルギー自給率:
国民生活や経済活動に必要な一次エネルギーのうち、自国内で産出・確保できる比率

Q日本はどのようなエネルギーを利用していますか?

A海外から輸入される石油・石炭・天然ガス(LNG)など化石燃料に大きく依存しています。
東日本大震災以降、化石燃料への依存度は高まっており、2017年度は87.4%です。

日本の一次エネルギー供給構成の推移

日本の一次エネルギー供給構成の推移

出典:
資源エネルギー庁「総合エネルギー統計」
※四捨五入の関係で、合計が100%にならない場合がある。再エネ等(水力除く地熱、風力、太陽光など)は未活用エネルギーを含む。

資源確保の状況

Q日本はどのような国から化石燃料を輸入していますか?

A原油は中東地域に約88%依存しています。LNGや石炭は、中東地域依存度は低いもののアジアなど、海外からの輸入に頼っています。

日本の化石燃料輸入先(2018年)

日本の化石燃料輸入先(2018年)

出典:
財務省「日本貿易統計」(海外依存度は総合エネルギー統計より)
資源の安定確保に向けた取組:
原油調達先である中東諸国との関係強化を進める。また、原油に比べ少ないLNGの市場流通量を増やすべく、調達先の多角化、更なる権益獲得に向けた取組を進める。

コラム - 世界の原油の流通と中東情勢の緊迫化

世界の原油の輸送路およびチョークポイント(2016年)

世界の原油の輸送路およびチョークポイント(2016年)

ホルムズ海峡は、世界で最も多くの原油が通る重要な輸送路ですが、中東情勢の影響を受けやすいところでもあります。
2019年6月には日本船籍のタンカーも攻撃をうける事案も発生しました。

原油のチョークポイント:
世界各国の石油タンカーが多数通過する重要な場所のこと。万一通行不能になれば、世界のエネルギー価格の高騰をもたらすとされている。

IEA加盟国の石油備蓄日数(2019年)

IEA加盟国の石油備蓄日数(2019年)

出典:
IEA
※日数はいずれもIEA基準で算定。IEA基準は、備蓄法基準で算定した場合よりも、備蓄日数が約2割程度少なくなる。
(備蓄法基準で算定した日本の備蓄日数は232日)

中東情勢の不安定化により、突発的に原油調達が困難となる事態に備え、備蓄をしています。

「エネルギーの今を知る10の質問」一覧ページに戻る