メールマガジン 配信バックナンバー

第168号[令和元年8月8日]


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
            資源エネルギー庁メールマガジン     
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


      第168号 令和元年8月8日(木)発行


━━━━━━━━━━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━


◆トピック(1)
 【スペシャルコンテンツ】
  「汚染水との戦い、発生量は着実に減少、約3分の1に」を掲載しました!

◆トピック(2)
  電力需給バランスを楽しく学べる
  「電力バランスゲーム~町に電気をとどけよう~」を作成しました!

◆トピック(3)
  令和元年度 エネルギー管理講習「新規講習」(下期)の受講について
   申込受付が開始されます(令和元年8月13日~9月17日)

◆トピック(4)
  国際エネルギーシンポジウム開催のご案内(令和元年8月28日)

◆トピック(5)
  「省エネルギー技術戦略2016」の「重要技術」を改定しました

◆トピック(6)
  北海道日高地域沖合における石油・天然ガスの掘削調査を終了しました


◇統計情報


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ◇トピック(1)
 【スペシャルコンテンツ】
  「汚染水との戦い、発生量は着実に減少、約3分の1に」
                        を掲載しました!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 2011年、東日本大震災にともなって発生した、福島第一原発の事故。その
事故により、放射性物質を含んだ「汚染水」が生じています。

 これまでスペシャルコンテンツでは、この汚染水を海へ漏らさないことは
もちろん、発生させないという根本的な対策が進められていることをご紹介
してきました。

 今回は、さまざまな対策がどのような効果をもたらしているのか、
“汚染水との戦い”の今をご紹介します。


//------------

・あらためて、「汚染水」はなぜ発生するの?
・汚染水の発生量を減らすためのさまざまな対策
・2019年春の状況
・汚染水対策のこれから
                ------------//


 ▼詳しくは、ぜひコンテンツでご覧ください▼

汚染水との戦い、発生量は着実に減少、約3分の1に
 https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/osensui2019.html



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ◇トピック(2)
  電力需給バランスを楽しく学べる
  「電力バランスゲーム~町に電気をとどけよう~」を作成しました!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 資源エネルギー庁では、エネルギー教育の一環として、電力需給バランス
を楽しく学べるデジタルコンテンツ(ゲーム)を作成しました。

 本ゲームは、昨今の自然災害等を通じて、電力供給の重要性に対し注目が
高まる中、発電方法ごとの特徴や電力需給バランスの重要性について、小中
学生をはじめとして多くの皆様に理解していただくことを目的とした、電力
の需給調整をおこなうオペレーターの疑似体験ができる内容となっています。

 ぜひ皆さんもゲームを通じて、電力の安定供給にチャレンジしてみてくだ
さい。


■電力バランスゲーム ~町に電気をとどけよう~
 https://www.enecho.meti.go.jp/about/kids/game/



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ◇トピック(3)
  令和元年度 エネルギー管理講習「新規講習」(下期)
        の受講について申込受付が開始されます
         (令和元年8月13日~9月17日)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 省エネ法の規定により特定事業者の指定を受けている事業者は、エネルギー
管理統括者及びエネルギー管理企画推進者を選任し、中長期計画や定期報告書
の作成・提出等を通じて、事業者全体のエネルギー管理を行うことが求められ
ています。

 また、特定事業者が設置している一定規模以上のエネルギーを使用する工場
・事業場は、エネルギー管理者又はエネルギー管理員を選任し、工場等におけ
るエネルギー管理の推進実行に当たらせる必要があります。

 上述のエネルギー管理企画推進者及び、エネルギー管理員に選任されるため
には、エネルギー管理講習「新規講習」を修了するか、エネルギー管理士免状
を取得していなければなりません。

 令和元年度のエネルギー管理講習「新規講習」(下期)の申込受付が以下の
期間となっています。受講希望者は、この機会にお申込みください。


【申込受付期間】
 令和元年8月13日(火)~令和元年9月17日(火)

【講習日】
 全国10都市にて
 令和元年10月24日~令和元年11月8日のうち1日間で実施


◆申込み方法及び受講日の詳細は、
 一般財団法人省エネルギーセンターHPに掲載の申込案内書をご覧ください。
 申込案内書: https://www.eccj.or.jp

◆お問合せ先
《講習の申し込み及び実施に関すること》
 一般財団法人省エネルギーセンター
 エネルギー管理試験・講習センター 講習部
 電話:03-5439-4977



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ◇トピック(4)
  国際エネルギーシンポジウム開催のご案内(2019年8月28日)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 一般財団法人日本エネルギー経済研究所では、2019年8月28日(水)、
国際エネルギー機関(IEA)が今年5月に発表した最新の原子力レポート
「Nuclear Power in a Clean Energy System」を紹介する「国際エネルギー
シンポジウム」を下記のとおり開催いたします。

 本報告書は、IEAが約20年振りに発表した本格的な原子力レポートであり、
世界のエネルギー需給構造がクリーンエネルギーシステムへと転換する過程
での原子力の役割・重要性・課題を指摘したものになります。

 当日は、本報告書を手掛けたIEAのチーフエコノミストであるラズロ・バロ
氏をお招きしてご講演いただくとともに、国内外のエネルギー有識者等も交
えたパネルディスカッション、また参加者を交えた質疑応答を予定しており
ます(日英同時通訳付き)。

 皆さまどうぞ奮ってご参加ください。


【日時】2019年8月28日(水)10:00~11:50(受付9:30~)

【場所】国立大学法人 政策研究大学院大学 想海樓ホール
    〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1
    電話:03-6439-6000(代表)

  ・詳細地図 [ http://www.grips.ac.jp/jp/about/access/]をご覧ください。
  ・想海樓ホールには「南門」からお入りください。
  ・ご来場の際は、公共交通機関を利用くださいますようお願いいたします。

【プログラム(案)】

 ◆10:00~10:10 開会挨拶

 (一財)日本エネルギー経済研究所 理事長 豊田 正和

 ◆10:10~10:50 講演

    『Nuclear Power in a Clean Energy System』 
     IEA チーフエコノミスト ラズロ・バロ氏

 ◆10:50~11:30 パネルディスカッション

    [パネリスト]
     IEA チーフエコノミスト ラズロ・バロ氏

    (以下、氏名50音順)

     立命館大学 国際関係学部 助教
      (専門:エネルギー・原子力政策、日韓比較政治経済等)
      イム・ウンジョン(林 恩廷)氏

     WWFジャパン 自然保護室専門ディレクター(環境・エネルギー)
      小西 雅子 氏

     電気事業連合会 副会長・最終処分推進本部長
      月山 將 氏

    [モデレーター]
     政策研究大学院大学 教授 
     科学技術イノベーション政策プログラム ディレクター代理
      根井 寿規 氏


 ◆11:30~11:50 質疑応答

 ◆11:50     終了


【参加費】無料

【申込方法】

 ◇会員の皆さま
  申込方法:下記URLより、ご登録をお願いいたします。
        https://eneken.ieej.or.jp/seminar/event_login.php

  ※なお、事前登録がない場合はご入館できませんので、必ず事前に
   ご登録の上、受講証を忘れずにご持参ください。

 ◇会員以外の皆さまへ
  会員以外の方は、HPからお申し込みがいただけません。

  ・E-mail(ieej-mail@tky.ieej.or.jp)にて申し込みください。
  ・件名には「8月28日参加希望」
  ・本文には「氏名、ふりがな、団体名、部署名、Tel」を明記ください。

  参加いただける場合は、日本エネルギー経済研究所より受講証をE-mail
  で送付いたします。

【締切】2019年8月26日(月)
 なお、定員を超えた場合は締切り前でも募集を打ち切らせていただくこと
 がありますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 

【連絡先】
 一般財団法人日本エネルギー経済研究所
 企画事業ユニット 総合企画グループ
 電話:03-5547-0211


(※)プログラムは変更となる可能性がございます。変更があった場合はHP上
   でご案内いたしますので、ご確認をお願いいたします。

   一般財団法人日本エネルギー経済研究所HP
    http://eneken.ieej.or.jp



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ◇トピック(5)
  「省エネルギー技術戦略2016」の「重要技術」を改定しました
  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 資源エネルギー庁は、省エネルギー技術の研究開発及び普及を効果的に推進
するため策定している「省エネルギー技術戦略2016」の「重要技術」を、国立
研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とともに改定しま
した。


【詳しくはホームページをご覧ください。】

◇「省エネルギー技術戦略2016」の「重要技術」を改定しました
 https://www.meti.go.jp/press/2019/07/20190718003/20190718003.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ◇トピック(6)
  北海道日高地域沖合における石油・天然ガスの掘削調査を終了しました
  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 資源エネルギー庁は、今年4月13日から実施してきた北海道日高地域沖合に
おける石油・天然ガスの存在の確認を目的とした掘削調査を8月2日に終了しま
した。

 今回の掘削調査により、各種地質データを取得するとともに天然ガスが存在
する徴候が認められた地層に対し産出テストを行い、一定量の天然ガスの産出
を確認しました。


【詳しくはホームページをご覧ください。】

◇北海道日高地域沖合における石油・天然ガスの掘削調査を終了しました
 https://www.meti.go.jp/press/2019/08/20190802003/20190802003.html



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                統計情報 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

【石油等消費動態統計(5月分)】
 https://www.enecho.meti.go.jp/statistics/energy_consumption/ec003/index.html

【石油統計月報(5月分)】
 https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/sekiyuka/index.html

【石油統計速報(6月分)】
 https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/sekiyuso/result.html

【鉱工業生産・出荷・在庫指数速報(6月分)】
 https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/index.html

【鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表(6月分)】
 https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/utiwake/index.html

【その他エネルギー関連統計】
 https://www.enecho.meti.go.jp/statistics/


◇------------------------------------------------------------◇

【スペシャルコンテンツ】


◆最新の記事


 ◇電気の安定供給のキーワード「電力需給バランス」とは?
  ゲームで体験してみよう
https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/balance_game.html

 ◇「パリ協定」のもとで進む、世界の温室効果ガス削減の取り組み(5)
 ~産業部門別に排出を規制するEU
https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/pariskyotei_sintyoku5.html

 ◇「パリ協定」のもとで進む、世界の温室効果ガス削減の取り組み(4)
 ~豊富なエネルギー資源を持つ米国
https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/pariskyotei_sintyoku4.html

 ◇「エネルギー白書2019」で、
  災害や地球温暖化に向けた日本のエネルギー政策がわかる!
https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/energyhakusho2019.html

スペシャルコンテンツはこちらから
https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/

記事のリクエストはこちらから
https://mm-enquete-cnt.meti.go.jp/form/pub/enecho01/form#spcontents

---------------------------------------------------------------

配信登録、解除は、次のページから行ってください。
登録 : https://mm-enquete-cnt.meti.go.jp/dbc/pub/enecho01/merumaga_form/create/input
解除 : https://mm-enquete-cnt.meti.go.jp/dbc/pub/enecho01/merumaga_form/update/login

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
《発行》経済産業省資源エネルギー庁
  メールマガジンに関するご意見・ご感想はこちら       
  https://mm-enquete-cnt.meti.go.jp/form/pub/enecho01/form
  連絡先 長官官房総務課調査広報室
      住所:〒100-8931東京都千代田区霞が関一丁目3番1号
      電話:03-3501-1511(代表)
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆