石油輸入調査

Q&A

石油輸入調査はどのような調査ですか?

我が国の輸入原油について、油種、性状、供給源、輸送等の動態を把握し、行政施策並びに国際機関に対する報告に資することを目的とする調査で、昭和51年(1976年)から開始しています。

石油輸入調査はどのようなことを調べていますか?

輸入原油について、油種名やAPI度、硫黄分等を調査しています。詳細は「調査事項」をご覧下さい。

石油輸入調査の結果はどのようなことに利用されていますか?

行政施策並びに国際機関に対する報告の為の基礎資料などに利用されています。

石油輸入調査はどのように行われているのですか?

調査対象宛てに郵送やオンラインで調査票を送付し、毎月、郵送やオンライン、メールのいずれかを利用して経済産業省宛てに調査票を提出していただいております。

調査票の提出はどのようにすればいいですか?

郵送、オンライン、メールのいずれかを利用して提出してください。詳細については、以下のURLをご覧ください。なお、オンラインについては、総務省の「電子政府の総合窓口(e-Gov)」が提供する電子申請システムを利用して提出してください。
http://www.enecho.meti.go.jp/statistics/petroleum_and_lpgas/oil_enterprise/

石油輸入調査の調査対象はどのように選ばれているのですか?

悉皆調査のため、対象となる範囲に含まれるものは全てが本調査の対象となります。対象となる範囲は、「調査の対象」をご覧下さい。

調査結果はいつ頃公表されるのですか?

以下のスケジュールにより調査結果を公表しております。
(石油統計速報)
調査月の翌月末の13時30分にホームページ上で公表。
(資源・エネルギー統計確報(月報))
(資源・エネルギー統計確報(月報))
調査月の翌々月中旬にホームページ上で公表するとともに、下旬に資源・エネルギー統計月報を刊行。
(資源・エネルギー統計年報)
毎年7月に刊行。

速報、確報、年報の違いは何ですか?

それぞれの違いは以下のとおりです。速報→確報→年報の順に数値が最新のものとなり、年報の数値が最終的に確定したものとなります。
(石油統計速報)
石油製品需給動態統計調査、石油輸入調査、生産動態統計調査の調査結果を整理したもの。原油の国別輸入、受払、出荷内訳(非精製用)、石油製品の生産・在庫及び半製品の在庫、石油製品の需給概要を公表。
(資源エネルギー統計確報(月報))
速報の公表後に修正のあった数値等を再集計して整理したもの。石油製品の国別輸入・輸出など、速報よりも詳細な情報を公表。なお、毎年2月に年間補正(確報公表後に修正のあった数値等を含め、前年分の数値を再集計すること)を実施し、その結果を資源・エネルギー統計確報(月報)の2月分に掲載するため、当該確報(月報)に掲載する前年分の数値が、既に公表した確報の数値と異なる可能性有り。
(資源・エネルギー統計年報)
年間補正後の数値を整理したもの。原油の油種別の出荷内訳など、確報よりも詳細な情報を合わせて公表。なお、年報の当該暦年の数値は確定するが、翌年1月分~3月分の数値に対する年間補正が終了していないため、翌年の年報で修正される可能性有り。

ホームページ上ではいつからいつまでの調査結果が掲載されているのですか?

各調査結果について、以下の期間のものを掲載しております。
(石油統計速報)
最新のもののみを掲載。(過去のものは掲載しておりません。)
(資源・エネルギー統計確報)
月別のデータについては、本年1月分から最新のものまでを掲載。年計のデータについては、平成16年分からのものを掲載。

石油輸入調査TOPに戻る