石油備蓄の現況

統計の概要

統計の目的

石油の備蓄の確保の必要性について国民の理解を得るため実施しているもの。

統計の概要

我が国が実施している石油備蓄制度は国家備蓄と「石油の備蓄の確保等に関する法律」に基づく民間備蓄の二本立てとなっており、それぞれについて備蓄日数を公表している。

統計の作成方法

国家備蓄については、管理主体である「独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構」が、民間備蓄については「石油の備蓄の確保等に関する法律」に基づき、備蓄義務者(石油精製業者等)が備蓄している石油の量について資源エネルギー庁がとりまとめを行い、それらを「我が国の1日あたりの石油の消費量」で割ることによって備蓄日数を算出している。

統計の沿革

【統計の開始年】
なし
【統計の沿革】
なし

統計の活用事例

公表された「石油備蓄の現況」については石油連盟等の業界へ周知している他、IEA(国際エネルギー機関)にも一部の統計結果が報告されている。

その他

なし

石油備蓄の現況TOPに戻る