貴金属流通統計調査

調査の概要

調査の目的

貴金属(金地金、プラチナ、パラジウム)の流通及び多岐にわたる流通実態を把握し、貴金属の国内流通に関する行政施策の基礎資料とする。

調査の沿革

【調査開始年】
昭和62年
【調査の沿革】

調査の根拠法令

統計法(平成19年法律第53号)

調査の対象

【地域】
全国
【単位】
事業者
【属性】
貴金属の生産及び流通を取り扱っている生産者、輸出入業者及び貴金属商
【調査対象数】
47
【回収率】
約41%

抽出方法

貴金属の生産及び流通を取り扱っている生産者、輸出入業者、貴金属商のうち、貴金属の取扱実績を参考に、社団法人金地金流通協会正会員及び賛助会員名簿等から報告者(特定貴金属取扱事業者)を選定。

調査事項

金地金用:
生産数量(新産金、再生金(加工業者から、消費財から、準消費退蔵品から))、輸入数量、供給量、私的保有受入量・払出量、国内流通量受入量・払出量(特定貴金属取扱事業者間取引、その他の取引、計)、消費需要向け払出量(電気通信機・機械部品用、歯科・医療用、メッキ用、その他、計)、準消費者退蔵向け払出量(宝飾品用、美術工芸品用、メダル用、その他、計)、消費部門への払出量計、輸出数量、受・払量計、在庫数量
プラチナ用:
生産数量(新産プラチナ、再生プラチナ(加工業者から、消費財から、準消費財、宝飾品、その他退蔵品から))、輸入数量、供給量、私的保有受入量・払出量、国内流通量受入量・払出量(特定貴金属取扱事業者間取引、その他の取引、計)、消費需要向け払出量(自動車触媒用、電気・電子機器用、その他、計)、準消費需要向け払出量(化学用、ガラス用、その他、計)、宝飾品用払出量、消費部門への払出量計、輸出数量、受・払量計、在庫数量
パラジウム用:
生産数量(新産パラジウム、再生パラジウム(加工業者から、消費財から、準消費退蔵品から))、輸入数量、供給量、国内流通量受入量・払出量(特定貴金属取扱事業者間取引、その他の取引、計)、消費需要向け払出量(自動車触媒用、歯科・医療用、電気・電子機器用、その他、計)、宝飾品用払出量、消費部門への払出量計、輸出数量、受・払量計、在庫数量

調査票

調査の時期

【調査周期】
毎月
【調査期日】
1日から末日
【実施期日】
調査月の翌月25日まで

調査の方法

【調査経路】
経済産業省資源エネルギー庁-報告者
【配布方法】
郵送、オンライン(Eメール)
【収集方法】
郵送、FAX又はEメール

民間委託の状況

【民間委託の有無】

統計の利活用の状況

貴金属の国内流通に関する行政施策の基礎資料とするとともに、民間等においても調査結果をもとに流通実態の分析・企業活動等に活用されている。

その他

なし

貴金属流通統計調査TOPに戻る