トピックス

発電コスト検証に当たっての情報提供依頼について

平成27年3月4日
発電コスト検証ワーキンググループ事務局

1.情報提供依頼の趣旨

 2014年4月11日に閣議決定された「第4次エネルギー基本計画」に記載された方針に基づき、現在、長期エネルギー需給見通し小委員会にて、現実的かつバランスの取れたエネルギー需給構造の将来像についての検討が行われています。当該小委員会の下に設置された発電コスト検証ワーキンググループでは、当該小委員会における検討の参考となる、各電源の発電コストなどについて、検証を行っております。

 発電コスト検証において、客観的根拠に基づく更なる検証等を行うため、国民の皆さまから、ワーキンググループにおける議論の参考となる根拠に基づく積極的な情報の提供をお願いいたします。

2.情報提供の対象

 検証対象となる発電コスト等の前提条件、費目、諸元データ等について、①議論の対象となっているこれらの要素につき参考とすべきと考えられる情報、②提供した情報が適当と考える理由、③情報の根拠(出典文献、論拠など)の形で情報提供してください。

(1)コスト検証の費目
 発電コストの検証の前提条件及び定量的に把握されている費目は、一定の信頼度のあるコスト検証を行うためのものとして適切か。
 もしそうでないとすれば、電源間の比較の公平性の担保を前提として、①費目を変更することが適当と考える理由と、②対象範囲を変更することによって追加・変更されるデータの根拠(出典文献、論拠など)を情報提供願います。
(2)諸元データ
 発電コストの検証に用いられた諸元データとして、より適切なデータはあるか。もしあるとすれば、①置き換えることが適当と考える理由、②置き換えたデータに代表性がある根拠(出典文献、論理など)を情報提供願います。
(3)その他
 発電コストの検証の参考となる客観的根拠に基づく論拠のしっかりした情報。

3.情報提供の方法

電子メール、FAX又は郵送で、提供する方の情報を添え、下記までお送りください。

① 電子メールの場合
電子メールアドレス:cost-kensho#meti.go.jp(メールを送信するときは、#を@にして送信してください。)
資源エネルギー庁 総合政策課
「発電コスト検証ワーキンググループに対する情報提供」担当 宛
(件名に「発電コスト検証ワーキンググループに対する情報提供」と御記入ください。)
② FAXの場合
FAX番号:03-3580-2305
「発電コスト検証ワーキンググループに対する情報提供」担当 宛
(件名に「発電コスト検証ワーキンググループに対する情報提供」と御記入ください。)
③ 郵送の場合
住所:〒100-8931東京都千代田区霞が関1-3-1 資源エネルギー庁 総合政策課
「発電コスト検証ワーキンググループに対する情報提供」担当 宛
④ 情報提供の際には、以下を必ず記載願います。
  • ⅰ 氏名(法人または団体の場合は、その名称並びに代表者及び担当者の氏名)
  • ⅱ 職業(個人の場合)
  • ⅲ 住所(所在地)
  • ⅳ 電話番号
  • (注1)電子メールの場合、文字化け防止のため、半角カタカナ、丸付文字、特殊文字等は使用しないで下さい。
  • (注2)電話による情報提供は、お受けしておりませんので、ご了承願います。

4.情報提供の受付期間

平成27年3月4日(水) ~ 平成27年4月10日(金)

関連リンク

お問合せ先

資源エネルギー庁 総合政策課
電話:03-3501-1511(内線4474)