省エネルギーについて

トップランナー制度について

三相誘導電動機(産業用モータ)に関する解説について

平成25年10月に省エネ法第78条に規定されるエネルギー消費性能の向上を図ることが特に必要のある機器として、新たに三相誘導電動機(産業用モータ)がトップランナー制度の対象に追加されました。本制度の規制対象者や対象範囲等を理解して頂くための一助となるよう、参考となる資料等を取りまとめました。

1.産業用モータに関する解説について

トップランナー制度における産業用モータの規制対象者や対象範囲等についてこれまでに寄せられました質問を基に主要な論点について解説を加えたものです。

産業用モータに関する解説(PDF形式:233KB)

2.産業用モータに関する取りまとめ報告書(平成25年6月28日)について

本報告書は、総合資源エネルギー調査会省エネルギー基準部会三相誘導電動機判断基準小委員会において、新たに産業用モータをトップランナー制度の対象機器に追加することについて審議され、取りまとめられたものです。ここでは、産業用モータの対象範囲、エネルギー消費効率等を定めるに至った考え方や、産業用モータが組み込まれた別の機械の使用者に対する提言(P9)等が示されています。

取りまとめ報告書

3.産業用モータに関する専用窓口について

産業用モータに係るご質問等がございましたら、下記までお寄せ下さい。

参考.産業用モータ関係法令等について

「省エネルギーについて」のTOPに戻る